多量ミネラルが不足すると

多量ミネラルとは、いわゆる主要ミネラルとも言われるものですが、これらが不足するとどのようになるのか。人間にとって多量ミネラルはどのような働きがあるのかなど考えてみましょう。
多量ミネラル

 

多量ミネラルについて

わたしたちはミネラルという単語を、ビタミンと並んでよく使っています。ビタミン、ミネラルは生きていく上で、とても重要だということは誰でも知っていることではないでしょうか。しかし実際にミネラルのことを詳しく知らない人も多いようです。

 

人体を構成している物質の96%は炭素、水素、酸素、窒素であり、残りの4%がミネラルです。100種類以上のミネラルの中で、特に重要な必須ミネラルが16種類あると言われています。この16種類のミネラルは7種類の多量ミネラルと9種類の微量ミネラルに分れてます。

 

多量ミネラルは主要ミネラルとも言われ、体内に多く存在し1日の必要摂取量も100mg以上となるミネラルのことを指しています。「硫黄」「塩素」「カリウム」「カルシウム」「ナトリウム」「マグネシウム」「リン」の7種類で、体内ミネラルの99%を占めています。

 

多量ミネラルが不足すると

人体を含めてすべての動物は、生きるためにミネラルが必要となります。特に動物の種類、成長の過程によって必要なミネラルの割合は変わってきます。そしてミネラルが不足するとミネラル欠乏症となり、多すぎるとミネラル過剰症にもなります。

 

7つの多量ミネラルはそれぞれの効果があり、どれが不足しても体調不良を感じるようになったり、疲れ、ストレス、イライラ、骨折、むくみ、低体温、そして病気の引き金にもなるため不足しないように注意が必要です。ここではザックリとしたそれぞれの多量ミネラルの特徴を紹介します。

 

それぞれの特徴

硫黄は皮膚や毛髪、爪などをつくるために必要な成分です。塩素は酸とアルカリのバランスを調整してくれます。カリウムは体内のナトリウム量の調整と細胞の保持。カルシウムは骨の主成分となり、血液中に溶けているものは止血する働きがあります。ナトリウムはナトリウムポンプが体内の水分調整にかかわっています。マグネシウムは血圧を正常に調整したり、体温調整、興奮の抑制、筋肉にも影響しています。リンはカルシウムと結合してリン酸カルシウムになり骨の成分となります。

 

不足しないためには

多量ミネラルを不足しないためには、栄養のバランスの摂れた食事をすること。また過度なカロリーコントロールによるダイエットなどをしないことが大切です。また現代の食生活は栄養を考えているつもりでも、なかなか摂取することができない状況があります。そのためにサプリなども上手に利用することも大切です。ただしミネラル過剰症も起こるので用量を守ることはとても重要です。

 

 

多量ミネラルが不足すると|サプリメント処方箋記事一覧

ナトリウムは体の機能の調整にかかわるミネラルです。多量ミネラルの一種であり、多くは食塩から摂取されます。さてナトリウムが不足するとどのような症状が起こるのか、ナトリウムの働きなどから考えてみましょう。...

カリウムが不足した場合、どのような症状が起こるのでしょう。最近はナトリウムの摂取増加、つまり塩分の摂りすぎによってカリウムが不足しがちだと言われています。ナトリウムとはどのような関係があるのかなど、カ...

カルシウムはとてもポピュラーな栄養素で、誰でも知っているミネラルではないでしょうか。丈夫な体づくりや歯や骨になることでも知られていますが、もし不足するとどのような症状が起こるのでしょう。骨粗鬆症の予防...

マグネシウムもわりと多くの人に知られているミネラルですが、多量ミネラルの一種となります。体内の酵素を助けカルシウムとの関係が深く、骨や歯などの形成にはなくてはならない栄養素の1つです。さてマグネシウム...

リンが骨の中に多く含まれているということは、多くの人が知っているのではないでしょうか。しかし実際にどのような役割があり、どの程度摂取すべきものなのか、どういう食品から摂取できるのかなど知らない人も意外...