水素水の効果を得るために必要な1日の摂取量

水素水の効果を得るためには、1日どの程度の水素水を飲めばいいのでしょう。またどんなときに飲んだら効果的かなど、その辺をもう少し考えてみましょう。

 

1日の摂取量

水素水の1日の摂取量

水素水の1日の摂取量は、1日に飲む水の量と考えましょう。つまり毎日の水分補給を、水素水で補うというわけです。わたしたちは1日に食事から約1リットル、そして飲料水から1.2リットル程度の水分を得ていると言われています。人によっては水分不足の人もいるようですが、最低でも1.2リットル程度は飲料水から摂取する水分を水素水に変えてみましょう。

 

料理に使ってもいいのか

そこで料理などの食事から摂取する水分も、水素水を使った方がいいのではないかということですが、料理に使って加熱すると、いわゆる私たちの体に対する水素水効果はありません。ただし、しなびた野菜を水素水に浸けることでシャキシャキになったり、古いお米で炊いたご飯も水素水で炊くと新米のようになります。
また料理の味もまろやかになり、お茶やコーヒーも苦味がまろやかになりますが、健康効果は期待できません。美味しいお茶やお料理づくりに利用するのはとてもおすすめですが、健康効果という面ではないと考えていいようです。

 

どんなときに飲むといいのか

効果的な飲むタイミングは、まず基本的に朝起きたらすぐと昼食、夕食と就寝の1時間前に、200〜300t程度ずつ飲みます。基本的に活性酸素は呼吸をしているだけでも作られていくため1日中、平均的に飲むには、まずこの4回を基本としておきましょう。
そしてその他にも活性酸素がたまりそうなタイミングで飲むこともおすすめです。例えばスポーツや運動をする前、ストレスを感じたとき、仕事で目を酷使したとき、紫外線を浴びたとき、喫煙や飲酒のとき、睡眠不足のときなど、活性酸素が溜まりやすいときにはそのタイミングで飲むようにしましょう。またアトピーなど常時アレルギーが出ている場合は、基本の4回をもう少し小まめに増やすといいと言われています。

 

多く摂取したら?

もし多く摂取してしまっても、必要のない水素は息などと一緒に排出されてしまいます。特に多すぎて問題が起こることはないので、気になったときには飲むようにしましょう。

 

どうしても1日1回しか飲むチャンスがないなら

どうしても1日1回しかチャンスがないなら、お風呂の前や就寝前がいいでしょう。ただし就寝前はトイレが近くなる可能性があるので、就寝直前は避けるようにします。しかしできれば1日の中で上手に割り振って1.2リットル〜1.5リットル程度消費したいものです。

水素水比較