水素水生成器

水素水が健康や美容に多くの人から注目されていますが、水素水を長期にわたって摂取するなら、自分で水素水を作ろうというふうに考える人も多いはず。しかしどのようなタイプの水素水生成器を選べば良いか悩むこともあるのではないでしょうか。水素水生成器には幾つかのタイプがあるので、それらの特徴を知っておくと、水素水生成器選びにも役立ちます。

 

水素水生成器のタイプ

水素水生成器の種類

水素水生成器には水道直結型のものと、独立型水素水生成器、それに携帯型の水素水生成器の3つのタイプがあります。それぞれにメリットとデメリットがあり、自分にあったものを選ぶためにもそれぞれのタイプの特徴をご紹介いたします。

 

水道直結型水素水生成器について
水道直結型水素水生成器は水素水の品質が良いということがメリットです。酸化還元力が高く、溶存水素濃度の高い水素水が作れます。溶存水素濃度はやはり水素水を作る上で一番気になるところではないでしょうか。次に健康効果から考えると、国からの健康効果が認められた商品も多く、胃腸症状の改善効果があるタイプのものもあります。

 

また1分間の通水で2リットル以上、商品によっては5リットル以上の水素水を生成することができるというメリットもあります。ただし設置するところは水道の蛇口があるところが必要となります。しかし取り付けてしまえば、いつでも飲みたいときにすぐに飲めるという便利さ。
ランニングコストは水道代と電気代、それに1年に1回の交換カートリッジ代となりますが、この機能を考えるととてもリーズナブルとなります。ただし設置位置が限られることや、設置のときの費用と本体価格がかかるので、そこがデメリットということにもなりそうです。

 

家族中で飲むなら絶対におすすめです。ちなみに本体価格は10万円代〜40万円代が最多で、100万円近いものもあります。工事は大体15000円から3万円程度が多いようです。

 

独立型水素水生成器について

独立型水素水生成器は、溶存水素濃度の高い水素水を作ることができるところが最大のメリットです。特にミネラルウオーター専用のものが多いと言われています。しかし水道直結型のように国から公式に健康効果を認められてはいません。また製品によってさまざまですが、1回に作ることのできる水素水は大体2リットル前後のものが多く、30分程度かかるものもあります。

 

設置するところは電源さえあればキッチン以外でも、どこでも生成することができます。寝室などに置いて使用したい人などには是非おすすめです。また水道直結型と比べ本体価格は低価格のものが多く、場所を選ばず工事もまったく必要ありません。ちなみに最多価格は10万円代〜20万円代となっています。

 

携帯型水素水生成器について

携帯型水素水生成器は生成器自体が小さいので、持ち運びにはとても便利です。溶存水素濃度も低めのものも多くなりますが、すぐに飲むことが目的なので特に問題はないとも言えます。そしてミネラルウオーター使用のものがほとんどです。しかし水道直結型のように国から公式に健康効果を認められてはいません。

 

また生成量は多いものでも500ミリリットル程度となります。そして生成に必要な時間は大体10分程度のものが多くなります。しかし持ち運びできるので、出先でも作りたての水素水が飲めるというメリットも。大きさも鞄に入る程度の軽いものが多く、水素水生成器には見えないようなスタイリッシュなものもたくさんそろっています。

 

価格的には上の2つのタイプに比べてとても低価格ですが、また使用後はしっかり洗浄が大切です。また携帯用となっていても1人住まいの人は、これ1つあれば家でも新鮮な水素水を摂取するのに便利ではないでしょうか。価格としては人気のある商品は大体3万円代〜5万円代のものとなります。

水素水比較