水素水ボトル

水素水ボトルが今、芸能人の間でも人気があると言われています。水素水の効果はいろいろ言われていますが、外出が多い人にとっては水素水を外出先でも飲みたいと思うのも当然です。だからこそ水素水ボトルに注目が集まっているのです。水素水ボトルにはいろいろなタイプがあるので、どのようなものがあるのか、そしてそのメリット、デメリットなどを考えてみましょう。

 

水素水ボトルとは

水素水ボトル

水素水ボトルは単に水素水を入れておく、水筒のようなものばかりではありません。小さな水素水生成器で、どこでもいつでも水素水を作ることのできるポータブルサーバー式のものもあります。

 

また水素水がボトルに入って販売されているものもあります。この場合ペットボトルから水素が抜け出さない技術によって作られたものがおすすめです。また通常ペットボトルに水素水スティックを入れて、化学反応によって水素水を作るものもあります。水素水ボトルの主流はこの3種類となります。

 

ポータブル式ボトル水素水サーバーについて

いろいろなタイプの商品がありますが、多くの場合1回に作れる水素水は500ml程度であり、作るのに10分程度かかります。また水道水ではなくミネラルウオーター使用のものがほとんど。

 

しかし今はコンビニでもミネラルウオーターがいくらでも売っているので、外出先で水素水を飲みたい人にとっては、とても嬉しい水素水生成器ではないでしょうか。また一気に飲まなくても、時間がたったらまた水素を充填することもできるのも便利です。作りたての新鮮な水素水が外出先でもすぐにできるメリットがあり、価格的には3万円代から5万円代のものが多くなります。

 

水素スティック式水素水ボトル

また通常のペットボトルの使用ができ、ミネラルウオーターに専用の水素スティックを入れておくだけで、水素水ができるタイプのものもあります。500ミリリットルの水素水を作るのに2時間程度掛かりますが、スポーツなどのときや外出先でも作りたての、本格的な水素水を飲むことができます。約3カ月分で4000円程度から購入できます。

 

ペットボトルの水素水ボトル

ペットボトルの素材の分子構造より水素の分子の方が小さいため、ペットボトルは内容濃度がどんどん低下しやすいと言われています。そのため水素水の購入にはアルミボトルやパウチが使われるものが多いようです。

 

しかしペットボトルに入った水素水でも、ボトルから抜けないような技術によって作られたものもあります。ナノレベルの水素分子を、ナノバブルとともに水の中に閉じ込めてしまうという技術によって、ペットボトルに入れても水素が抜けないという技術による水素水ボトルなどは実際に人気があります。30本で約1万円弱程度となります。ただし3〜5カ月使い続けるなら、水素水ボトルサーバーが購入することができるので、長期使うならそちらも視野に考えてみるといいのではないでしょうか。

水素水比較