高濃度水素水

最近は健康や美容に高い効果が期待されている水素水ですが、高濃度水素水というものがあります。濃度が高いということなのか、それとも単なるネーミングなのか、もう少しその辺を掘り下げてみましょう。

 

高濃度水素水とは

高濃度水素水

水素水の成分表には一般的にはppmという単位で表示されています。これは水の中にどの程度の水素が溶けているかを示しているものです。水素は水に溶けにくいという性質のため、高濃度水素水といっても約1.0〜1.6 ppm程度の含有量となっていることが多いようです。

 

水素水は圧力を掛けることで、いくらでも高い濃度の水素水を作ることはできます。しかし高圧を掛けているときには濃度が高くても、圧力を掛けずに一般の気圧の状態に戻すと、水素は空気中に抜けてしまうのです。そのため実際に水素水が一般の気圧の状態の中でも保てる水素濃度の限界は約1.6 ppmとなるのです。

 

そのため高濃度水素水と言っても、圧を掛けたときに高濃度で作ったという意味の場合がほとんどです。また水の中で保てる水素限界濃度が約1.6 ppmなので、限界ギリギリまで高濃度であるという意味で名付けられている場合もあるようです。

 

また何千ppm、何万ppmというケタ違いの水素水含有量の商品もあります。気泡の中に水素を閉じ込める製法で作られたもので、これはコップに注いだ瞬間水素は抜けて約1.6ppm程度の限界点に戻ってしまうという説もありますが、その辺はまだはっきりされていません。このように飲むときにはどうなるか、まだはっきりされていませんが、しっかり気泡に閉じ込めて高濃度になっているものも高濃度水素水として出まわっています。

 

高濃度水素水の効能

高濃度水素水といっても上で記したようにさまざまですが、水に溶け込む限界点の約1.6 ppm程度含まれていれば、水素水としての効能は十分果たせると考えましょう。やはり水素水の最大の効果といえば、抗酸化作用であり活性酸素を除去してくれることではないでしょうか。

 

そのため、さまざまな病気やアレルギーなどの予防や改善にも効果が期待されています。健康にも美容にもアンチエイジングにも高い効果が期待されており、特にストレスの多い人やスポーツをする人、生活リズムが乱れている人、暴飲、喫煙習慣のある人などにも是非おすすめです。

 

高濃度水素水の注意

高濃度水素といっても上で記したようにいろいろなタイプがあり、例えば「活性水素水」や「水素水」と謳っている商品と結局同じものということが多いようです。もちろん濃度は水に溶け込める限界の約1.6 ppm程度であれば健康効果は期待できますが、高濃度ということで価格が非常に高いものなどは注意しましょう。本当に高濃度の酸素水が体内に確実に摂取できるのか。異常に価格が高いものは、その価値があるか考えてみることも大切ではないでしょうか。

水素水比較