活性水素水

活性水素水とはどういう水なのか、また活性水素水の作り方や効能など、もう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

 

活性水素水とは

活性水素水

活性水素水は水素が溶けている水のことで、水素ラジカルとも言われています。活性水素水は活性酸素を除去することが最大の効果と言われています。そのため健康維持、美容、エイジングなどのために活性水素水や、それを製造する装置などに注目が集まっているのです。

 

活性水素水を作る

水素水は特殊装置によってマイナスの電圧を掛け、水に活性水素を溶け込ませます。30気圧以上の気圧で溶解した場合は、空気中に逃げずに水中に溶け込んでいきます。この方法は九州大学の白畑實隆教授によって考えられ、世界的な科学雑誌に発表したことから世界中から認められ、今では多くの活性水素水商品や活性水素製造装置に利用されています。

 

またもう一つの方法として、マグネシウムなどの金属を主体としたスティックを水に入れておくことでも、簡単に活性水素水が作れることができます。現在この2つの方法で、わたしたちは活性水素水を作ることができます。

 

活性水素水と活性酸素

わたしたちは生きている限りずっと呼吸をしています。それによって酸素を取り入れていますが、1日に取り込む酸素は約500Lとも言われ、これらの酸素は細胞各所に届けられます。酸素は炭水化物やタンパク質などを燃焼するためには不可欠であり、エネルギーを発生させ体を動かすことができるわけです。

 

このときに炭水化物やタンパク質が燃焼するとエネルギーが発生する代わりに、そのカスとも言える活性酸素が残ります。体内に取り込んだ酸素の約2%程度が活性酸素となると言われていますが、この程度の活性酸素は殺菌能力など健康補助効果もあります。

 

しかし現代社会では大気汚染、紫外線、ストレス、生活習慣の悪化などによって、活性酸素の量が増えすぎてしまっています。そのため、さまざまな病気の原因となっているのです。増えすぎた活性酸素は細胞を傷付け、ガンやアレルギー、血液疾患などほとんどの病気の原因となっているのです。

 

他にも老化、シワやシミ、肌荒れなど、美容にもいろいろなトラブルを引き起こします。そのため増えすぎた活性酸素を除去するために抗酸化効果がとにかく強力な活性水素水の摂取に注目が集まっているのです。そして活性酸素の除去によって、健康や美容への高い効果が期待されています。

 

活性水素水を購入する

活性水素水を購入する場合は水素量など内容的な質だけでなく、容器も水素を保つために重要となります。密封度の低い容器やパッケージのものは水素が抜けてしまうため、しっかり密閉されたものを選ぶようにしなければなりません。そのため内容面だけでなく、研究された容器を使用しているメーカーのものがおすすめです。

 

活性水素水を作るなら

活性水素水は価格の面からも、品質の面からも自分で作ることがベストです。そのため活性水素水を作る製造器やサーバー、ポットなどがあります。製造器は水道から直接のものや、ミネラルウオーターを使うものもあります。電気分解方式のものと、マグネシウムなどのスティックをポットに入れておくタイプの2通りあります。

 

活性水素水の効果的な摂取法

特に活性水素水の決まった飲み方はありません。しかし活性酸素が大量に発生すると予想がつくときには、その前に飲んでおくと、より効果的ではないでしょうか。例えば運動やスポーツをする直前や、ストレスを感じたとき、紫外線を多く浴びたとき、喫煙や飲酒のとき、睡眠不足のときなど、自分なりに活性酸素が大量に出そうだと思ったときがベストタイミングと考えましょう。

水素水比較