ビタミンKが不足すると

ビタミンKというと、どのようなビタミンかあまり詳しくない人も多いのではないでしょうか。しかし不足するとやはりいろいろな支障が出てくるため、是非ビタミンKのことをもう少し詳しく知って不足しないようにしましょう。
ビタミンKの多い食品 パセリ

ビタミンKについて

天然に存在しているビタミンKには2つのタイプがあります。緑黄野菜や海藻、緑茶や植物油に含まれるビタミンK1をフィロキノンと言い、またもう一つは腸内細菌によって産生される、ビタミンK2のメナキノンなどに分れます。

 

ビタミンK2は11種類の同族体があり、ここには動物性食品に多いメナキノン-4(ビタミンK2)と納豆菌によって産生されるメナキノン-7(分類によってはビタミンK2に含まれます)があります。実際にビタミンKと総称として呼ばれている場合は、この2つのビタミンK2をビタミンKと言います。またビタミンK3は自然界に存在せず、多く摂取すると毒生が認められるので普通には認められていません。

 

ビタミンKはエーテル、石油エーテル、ベンゼン、ヘキサン、アセトンに溶け、エタノールやメタノールには溶けにくく水には不溶です。そして空気と熱に強く、アルカリや紫外線に弱い性質を持っています。

 

ビタミンKの吸収

食事から摂取したビタミンKは胆汁酸や膵液と混ざり、多数の分子間での集合体であるミセル形成によって小腸で吸収されます。カイロミクロン形成されたビタミンKは肝臓に取り込まれていきます。

 

その後肝臓からリポタンパク質に取り込まれ、血液に溶け込みながらさまざまな末端細胞へ運ばれるとのこと。ビタミンKは腸管からの吸収率は血中半減期にいろいろ違いがあり、生理活性も違ってくると言われています。

 

ビタミンKの働き

ビタミンKは血液凝固を正常に保つ作用がありますが、血液をドロドロにするのとは違いって、いわゆる怪我などによる出血のときに血をゼラチンのようにして固める作用です。またこの作用にはタンパク質が必要になりますが、ビタミンKは肝臓でタンパク質を作る補酵素としての働きもあるのです。

 

またビタミンKは骨吸収の抑制効果も高く骨粗鬆症の予防にもなり、最近では骨粗鬆症の治療薬としても使われているとのこと。また女性は出産のときの止血効果もあります。そして女性の更年期には女性ホルモンの激減によって、カルシウムの摂取がきちんとされていても骨量が減ると言われています。そのため特に閉経後の女性は、ビタミンKを取り込むことが大切だとも言われているのです。

 

ビタミンK不足すると?

長期間の抗生物質の投与をしていると、腸内細菌からのビタミンK産生が減ってしまい不足することがあります。また慢性の胆道閉塞症や脂肪吸収不全、肝臓病などによっても不足が起りやすくなるとのこと。またビタミンKが不足すると、鼻血や歯ぐきからの出血がなかなか止まらないという症状も。

 

また女性の場合はビタミンKが不足することで月経の量が多くなったり、止まりにくくなったりすることもあります。他に骨粗鬆症による骨折なども。また新生児は腸内環境の安定がまだ未熟であり、乳の中にはビタミンKが少ないため、乳児ビタミンK欠乏性出血症を起こすこともあります。特に母乳で育つ赤ちゃんに起ることが多く、そのため出生直後にビタミンKが予防投与されているのです。

 

ビタミンKの過剰摂取について

新生児溶血性貧血、溶血性貧血、血液凝固能の亢進などが言われていますが、過剰摂取の心配は殆どないものの、血圧を下げるワーファリンなどを摂取しているときには注意が必要です。

 

ビタミンKの1日の摂取量と食品

ビタミンKの1日の摂取量として成人男性は75〜150μg、成人女性は60〜150μgと言われています。食品で考えると納豆なら1パックの3分の1から2分の1でOKです。また、アシタバ、モロヘイヤ、バジル、春菊、小松菜、ほうれん草、つまみ菜なども多く含まれています。

 

あまり1種類で摂ろうとすると量が多くなるので、意識的にこれらの野菜などを多く摂るようにしましょう。また納豆を毎日半パック程度食べるだけでもクリアできます。

サプリ売れ筋比較

ビタミン K の食事摂取基準(μg/日)

性 別 男 性 女 性
年齢等 目安量 目安量
0〜5(月) 4 4
6〜11(月) 7 7
1〜2(歳) 60 60
3〜5(歳) 70 70
6〜7(歳) 85 85
8〜9(歳) 100 100
10〜11(歳) 120 120
12〜14(歳) 150 150
15〜17(歳) 160 160
18〜29(歳) 150 150
30〜49(歳) 150 150
50〜69(歳) 150 150
70 以上(歳) 150 150
妊婦 150
授乳婦 150

出典元:厚生労働省 「日本人の食事摂取基準」(2015年版)より