サプリメントの組み合わせ

サプリメントは食事の足らない部分を補ってくれる便利な補助食品と言われています。しかし、あれもこれもとサプリメントをいろいろ飲んでいいのでしょうか。サプリメントの良い相性、悪い相性をご紹介しましょう。是非サプリメントを摂取するときに参考にされることをおすすめします。

 

サプリメントの相性

サプリメントには実は組み合わせによって単独以上に素晴しい効果が出ることもあり、その逆に悪影響も出ると言われています。サプリの相性には吸収率を高める良い相性、効果を高める良い相性、また薬との危険な相性、サプリ同士で吸収率を下げる相性、効果を低める相性などさまざまな組み合わも。ここでは是非良い相性を利用していただけるため、そして危険なものを知っていただいて間違って摂取しないためのご紹介をしていきます。

 

相性の良いサプリ

相性の良いサプリの組み合わせ
吸収率を高めある効果のある組み合わせとして
・ビタミンCとカルシウム
・カルシウムとビタミンD
・カルシウムとマグネシウム
・鉄分とビタミンC
・亜鉛やミネラル類とクエン酸
・ビタミンCとビタミンP
・ビタミンCと鉄・コバルト・マンガン
効果を高め合う相性の良いサプリの組み合わせ
・ビタミンEとセレニウムで抗酸化作用アップ
・コラーゲンとビタミンCでコラーゲンの効果アップ
・ビタミンB群は1種類よりいろいろなB群を同時摂取すると効果アップ
・ビタミンD、ビタミンE、ビタミンCでアンチエイジング効果アップ
・ビタミンB1、B2とナイアシン、パントテン酸、ビオチンで糖代謝アップ

・ビタミンB6、B12、葉酸でホモシステキン代謝アップ
・ビタミンCとビタミンE、βカロテンで抗酸化力アップ
・ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEで抗酸化作用アップ

 

相性の悪いサプリ

相性悪いサプリの組み合わせ
相性の悪いサプリでは、特に薬との相性が危険なので覚えておきましょう。
・カフェインとほとんどのサプリ
・アルコールとほとんどのサプリ
・ダイエット系サプリとバストアップサプリ
・鉄分とお茶などのタンニンで鉄分吸収阻止に
・強心薬とカルシウムによって腎臓結石発症や不整脈にも
・甲状腺ホルモン薬と鉄分は吸収の妨げに
・骨粗鬆症薬とマグネシウム、カルシウムは吸収阻止に
・抗凝固剤(ワーファリン)とビタミンA、ビタミンEは出血増加
・利尿薬とビタミンCは尿路結石に
・抗てんかん薬と葉酸は抗てんかん効果の低下に
・抗凝固剤(ワーファリン)とビタミンK(クロレラ、ケール)は薬の効果の低下に
・強心剤とビタミンDは嘔吐や不整脈に
・抗凝固剤(ワーファリン)とナットウキナーゼは薬の効果の低下に

・抗凝固剤や血栓防止剤とイチョウ葉エキスは出血傾向が高まる
・副腎皮質ホルモンと甘草は薬の効果が増強、高血圧にも
・亜鉛と高血圧治療薬のアプレゾリン
・亜鉛とテトラサイクリン(抗生物質)
・イチョウの葉エキスとアスピリン・解熱剤

 

医師とのコミュニケーションも

以上、まだまだいろいろな相性があります。薬との危険な相性は、どうしても避けなければなりません。薬を飲むときには、医師に今飲んでいるサプリを伝えることが大切です。また薬を常用しているときにサプリ摂取を考えているときにも、医師に聞いてから摂取するようにしましょう。また医師の処方でないものを飲んでいるときには、ドラッグの薬剤師の資格のある人に相談をすることをおすすめします。

サプリ売れ筋比較