サプリメントの歴史

サプリメントというと栄養のバランスが悪くなっている現在、多くの人に人気があります。また最近はさまざまな栄養素が解明され、多くの情報が溢れるようになっているため自分に必要なサプリメントを探すことも、なかなかの困難になっているとも言えそうです。

 

日本のサプリの歴史

サプリメントはアメリカが先行していますが、1996年には日本でもアメリカの市場開放問題苦情処理体制によって、サプリメントとして販売されるようになりました。しかし日本では法的整備が遅れていることもあり、食品衛生法のみで管理されています。

 

そのため効果・効能の少ない商品でも、何の問題もなくサプリメントとして流通しやすいという問題点があるのが現実です。また情報だけが溢れていますが、本当に質の良いサプリばかりではないのが、今の日本のサプリ業界の現状だとも言われています。

 

アメリカでスタートしたサプリメント

健康とサプリメントイメージ
サプリメントの歴史を語るには、やはりアメリカでの歴史が中心となります。アメリカは1975年に「アメリカ人の不健康の源は食生活の中の栄養不足にある」という報告書を、マクガバン上院議員から上院議員会に提出されたのです。これがいわゆるこれがマクガバンレポートというものであり、サプリの歴史のスタートとなるものとなります。

 

この報告から、栄養のバランスが悪いアメリカ人のために、それを補うためのサプリメントの研究が始ったと言われています。そして1994年にアメリカで栄養補助症食品健康教育法という法律が成立し、そこからサプリメントが、大々的に流通され一気に広がるようになったのです。これがサプリメントの歴史です。

 

アメリカでのサプリメント

アメリカでは栄養を補うという意味で食品の分類ではあるものの、FDAが定めた基準を満たしたものだけがサプリメントと分類されます。FDAはアメリカの厚生労働省に当たるものですが、ここではサプリの中に含まれる特定の成分と、特定の疾病または健康に関する条件がつけられ、その中の2つが満たされていることが条件となっています。

 

FDAの厳しいチェック体制がしっかりしており、健康食品が厳重に治験審査されているところも日本とはまったく違うところです。製造物責任法による責任も重く、日本のように、どこのメーカーが出しているか分からないような低俗品はすぐに淘汰の対象となるとのこと。

 

日本のサプリメントのように食品衛生法のみの管理と違い、質の良くないものや効果のないものは流通路線から外れ、質の高いサプリだけが流通されているというのが今のアメリカのサプリ事情のようです。日本に比アメリカのべサプリは、20年先を進んでいると言われています。

 

サプリ大国と言われているアメリカですが単にサプリが蔓延しているのではなく、質の高いサプリが最新の技術で作られ流通しているのです。私たち日本でも早くアメリカの水準に届くようにしていかなければなりませんが、今は質の高いサプリと低いサプリの境目がない状態になっているのが現状となっています。

サプリ売れ筋比較