サプリメントの安全性

サプリメントの安全性はとても気になるところです。毎日摂取するものだからこそ、安全でなければならないはず。さてサプリメントの安全性はどうなっているのでしょう。

 

日本のサプリメント安全基準

サプリメントはGMP基準であることや、製造内容に不安のあるコストの安い外国製のサプリメントなどは安全性を語る前に、危険性を考える必要があるかも知れません。国内工場で作られたサプリメントであっても、日本ではサプリメントはあくまでも食品扱いなので、製造に関して厳しい基準がないことも質の低いサプリメントが出回り続けていることにつながっているようです。

 

最近はしっかりした質の良いサプリメントを製造しているメーカーでは、医薬品の条件とされるGMP認証を行い、厳格に管理された環境で製造されています。医師でも安心して処方できるようなサプリメントは、やはり薬と同じような環境の下で作られるべきものではないでしょうか。

 

サプリメントの製造はどのようになっているのか

品質管理
サプリメントは健康のための補助食品ですが、中身の原料や配合量など安全を一番に考えなければならないはずです。しかしサプリメントは法的に食品ということで、原料の選定や工場の設備、工程、検品などすべての安全性を維持する環境で、製造されているとは言い難いサプリメントもたくさんあるのが現実とのこと。

 

しかし、逆に信頼をおけるサプリメントメーカーでは食品でありながらも、GMP基準を取り入れた製造を行っているため、私たちはその辺のところをポイントに、安全性のサプリメントを選ぶことができるのではないでしょうか。

 

医薬品製造の条件であるGMP

医薬品の製造ではGMPという制度は、法律上の条件としても利用されてます。「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準」の意味で、Good Manufacturing Practiceの略となります。GMPは安心して安全なものを摂取することができるための基準となっています。

 

そして「製造工程での人為的なミスの防止」「製品の汚染・品質低下の防止」「それぞれの製品に品質の均質化を図る」という3つを目標として安全性を高めるものです。そしてこれらの条件を守るためには、工場などの設備と環境、人の行動と記録、評価も必要になります。

 

例えばエアシャワーや高性能フィルター、殺菌灯を設置するなど環境を整えるためにはさまざまなものが必要になります。また働く人の教育、ルール、記録なども重要です。このようにGMPを取り入れることで環境に掛ける費用も相当必要となります。

 

その上、さまざまな書類の提出も必須となります。例えば「製品標準書」「変更管理手順書」「逸脱管理手順書」「品質不良等の処理手順書」「自己点検手順書」「教育訓練手順書」「文書及び記録管理手順書」などが必要になってくるためとても手間もかかります。

 

サプリメントメント製造のGMP認証について

しかし日本でも最近はサプリメントメントの製造で、GMPを取り入れるべきではないかという考え方から、厚生労働省により平成7年には「錠剤とカプセル状等食品の、適正な製造に係る基本的な考え方について」というガイドラインが示されました。

 

これには原料の受け入れから最終の出荷までのすべての工程で、徹底した安全性の確保をすることが示されています。そして日本でも健康食品のGMP認証制度がスタートしたのです。これは海外の健康食品GMPなどを見習ったものとなっているようです。

 

日本では現在、健康食品の工場は5000施設以上あるとのことですが、そのうちこの健康食品GMP認証を受けている施設はたった90とのこと。この数字を見ると、まだまだ日本のサプリメントの安全性に疑問を持つ商品が、たくさんあるという感じがしてなりません。しかし逆にこの認証制度を利用しているサプリメントは、安心できるものだということが分かるバロメーターとも言えそうです。

 

あとは法律がきちんと改定されなければ、このGMPもなかなか利用されないのではないでしょうか。日本人は国産なら安心という思いが強い国民と言えます。確かにどんなものでも国産のものはある程度安心感があります。しかし原料などは輸入のものもたくさんあるということも、忘れてはならないことではないでしょうか。安全なサプリメントを選ぶためには、目先の情報に惑わされずにしっかりポイントを見て行くことが必要になります。

サプリ売れ筋比較