ラクトフェリン母乳

ラクトフェリンは生命の神秘とも言える成分です。哺乳類の母乳に特に多く含まれていると言われています。さて、ラクトフェリンは母乳に含まれてどのような働きをするのでしょう。ラクトフェリンの働きから見える、サプリとしての魅力も考えてみましょう。

 

ラクトフェリンの含まれているところ

ラクトフェリンは多くは母乳の中に多く含まれ、他には唾液、血液、涙などの粘液や粘膜にも含まれています。もちろん母乳本来の役割は赤ちゃんの成長のためにあります。赤ちゃんをしっかり外敵から守る働きをはじめ、赤ちゃんの成長を守る効果があるのです。しかし実際には母乳以外のところに存在しているラクトフェリンは、わたしたち大人にも重要な働きをしてくれています。

 

人の場合、特に初乳には多く含まれていますが、初乳とは大体出産後5日目ぐらいの母乳のことを指します。初乳の場合は母乳100mlに対してラクトフェリン約600mg、そして出産後3週間を過ぎたころの母乳になると100mlに対して約200mg程度が含まれていると言われています。生乳は人の約10分の1と言われており、人の母乳に入っているラクトフェリンはとても多いということになります。

 

すごい免疫効果で赤ちゃんを守る

赤ちゃんを守るラクトフェリン

まず生まれて最低でも1日間は、赤ちゃんのお腹の中にビフィズス菌はまったく存在していません。2日目以降母乳によってどんどん善玉菌が増えていきますが、ビフィズス菌が増えるまでの間をしっかり細菌やウイルスから赤ちゃんを守るのも、ラクトフェリンの大切な働きの1つです。

 

母親から切り離されて赤ちゃんとして誕生すると、自力でどんどん成長していくことになります。そしてさまざまな細菌やウイルスなどがあふれているこの世界で、そこから体を守りながら驚異的な成長をしていかなければなりません。そのためには母乳による保護は赤ちゃんにとって、とても重要なものなのです。ラクトフェリンはこのような細菌やウイルスからも、強力な殺菌力でしっかり赤ちゃんを守ってくれるのです。腸内だけでなく、目や鼻、口などからの侵入にもしっかり対応します。

 

赤ちゃんの腸内を整える

もともと赤ちゃんの腸内は母乳によって善玉菌がなんと90%と言われています。そのため腸内環境を整えるというより、この状態になるまでのラクトフェリンのビフィズス菌増殖効果が重要になります。あとはもしも赤ちゃんの腸内不調が起こったときに、しっかり役立ってくれます。

 

赤ちゃんの精神安定・鎮痛効果も
またラクトフェリンは精神安定効果や鎮痛効果があることでも知られています。赤ちゃんの成長には、精神的な不安定や痛み、かゆみなどがあると大きな障害となります。そのため健やかに良く眠り、ストレスを受けないことが心身の成長にはとても大切です。ラクトフェリンは脳神経や内分泌系にも影響を与えると言われており、赤ちゃんのストレスを緩和してくれます。

 

そしてラクトフェリンは赤ちゃんの精神安定や鎮痛緩和の効果を担っているのです。わたしたち大人が考える成長と、赤ちゃんの成長とはレベルがまったく違います。つまりわたしたちでは想像も付かないような成長が赤ちゃんには起こっています。だからこそストレスは絶対に減らさなければならないのです。

 

しかし実際には赤ちゃんにとって、聞くもの見るもの感じるものすべてが初めてのことなので、とてもストレスが多いはず。ストレスは自律神経にも大きく影響し、成長ホルモンの分泌にも影響が出てしまいます。だからこそ健やかに成長するためには、自然の贈り物であるラクトフェリンが大きくかかわっているのです。

 

ラクトフェリンは大人にも

以上ご紹介したラクトフェリンの赤ちゃんに対する効果は、大人にも同じことが言えます。腸内環境を改善する、免疫効果を高める、免疫効果自体としてもサポートする、精神安定・鎮痛効果、そして他にもここでは挙げていませんが貧血予防、ピロリ菌や歯周病菌、ノロウイルスなどの予防、抑制、発がん予防、内臓脂肪低下、ダイエットなどの効果もおおいに期待することができるのです。

 

ただし、赤ちゃんのように母乳から摂取することはできません。そこで牛乳からの摂取を考えますが熱にも酸化にもとても弱いラクトフェリンは絞りたての生乳を飲む以外、自然のかたちでは摂取できないのです。そこでサプリというかたちで、わたしたち大人は摂取することになります。毎日の健康と美容に是非取り入てみてはいかがでしょう。

ラクトフェリン比較