オメガ3オメガ6

オメガ3が健康や美容に高い効果があると言われていますが、本来はもう少し摂取しなければならないものなのです。しかしそれに対してオメガ6が悪もののように言われていますが、どのような関係があるのでしょう。また本当に悪者なのか、その辺のことを考えてみたいと思います。

 

不飽和脂肪酸について

脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。飽和脂肪酸は動物性の油脂で肉や乳製品に含まれています。そして不飽和脂肪酸は体内でも合成できる成分です。しかし不飽和脂肪酸は体内では合成できない植物性の脂肪酸なので、植物プランクトンを食べている青魚やエゴマ、アマニ、クルミなどに多く含まれています。

 

飽和脂肪酸はいわゆる肥満、動脈硬化、高血圧などの原因になる油であり、できるだけ減らしたい脂肪酸であり、植物性脂肪である不飽和脂肪酸は増やしたいものです。ただし、肉や乳製品には生命に欠かせない栄養素や貴重な成分もたくさん含まれているので、摂取しないのではなく脂肪分をできるだけ摂らないようにしていきたいものです。

 

さて不飽和脂肪酸は増やすようにしましょうとは言っても、不飽和脂肪酸にもオメガ3とオメガ6、オメガ9などがあります。そして特にオメガ3とオメガ6の割合がアンバランスになってしまうと、本来の不飽和脂肪酸の健康効果も逆効果になってしまうのです。

 

オメガ3とオメガ6の関係

オメガ3とオメガ6の摂取バランス

特にオメガ3とオメガ6のバランスがとても重要になります。理想はオメガ3:オメガ6が1:4と言われています。アトピーや高血圧、動脈硬化などの疾患がある場合はこの割合を1:2に近づけるようにと言われているほどです。

 

さて、ここでオメガ3とオメガ6はどのようなものに含まれているのかまとめてみましょう。オメガ3は青魚やエゴマ油、アマニ油、なたね油、ぐるみ、米ぬか油、胡麻油などに多く含まれていますが、ダントツなのはやはりエゴマ油となります。

 

オメガ6というとサラダ油、コーン油、紅花油など一般的に多く売られているオイル類となります。またオイルだけではなく市販の揚げもの、お総菜やお菓子などにもたくさん使われているのです。

 

自分の食生活を振り返ってみてオメガ6を多く摂っている人、つまり油物が好きな人はとくかくオメガ6を減らし、オメガ3を増やすことです。またあまりオメガ6も摂っていない人は、オメガ3を増やすことだけでも全体のバランスは大きくかわり、健康や美容に良い影響が出てくるはずです。

 

油脂は減らせばいいのではない

油脂はできるだけ減らす方がダイエットや健康に良いと思い込んでしまっている人がいます。そこで油と名が付くものはすべて悪者とされていまいます。またオメガ6も悪者になっているようですがそれは間違いなのです。油脂の中でも飽和脂肪酸はある意味悪者と考えていいでしょう。しかし不飽和脂肪酸は決して悪者ではなく、健康にも美容にも重要な成分なのです。ただし、オメガ3とオメガ6のバランスが悪くなるとオメガ6も悪者になってしまうということなのです。このバランスを上手に取ることで健康や美容に高い効果があることも忘れてはならないことではないでしょうか。

オメガ3脂肪酸サプリ比較ページへ