オメガ3副作用

健康や美容のためにも「オメガ3を摂取しましょう」と言われるようになり、多くの人がオメガ3の摂取を意識していると思います。しかし過剰摂取による副作用や、体に合わないなどの副作用はないのでしょうか。その辺もしっかり理解した上でオメガ3の摂取をしなければなりません。そこでここではオメガ3の副作用ということについて考えていこうと思います。これからオメガ3を意識的に摂取したいと思っている人は、是非この副作用を知った上で摂取するようにしましょう。

 

オメガ3の副作用

オメガ3は特に摂りすぎるほど摂取しやすい油脂ではありません。特にオメガ3の豊富なエゴマ油やアマニ油などは、やはりオイルなのでカロリーは高く、摂りすぎれば肥満になります。摂取量によってはダイエットにもなるので、摂取量は大切と言えそうです。

 

また血友病など血液凝固ができない疾患のため、血液凝固剤の服用をしている人にとってはオメガ3含有量の高い食品やサプリを避ける必要があることも考えられます。この場合は医師に相談の上、摂取するようにしましょう。

 

また青魚は鮮度がとても落ちやすく劣化も早いものがほとんどです。そのため劣化した青魚を食べたために急性腸炎などになることもあります。また体質的や鮮度の問題で蕁麻疹が出やすいとも言われています。青魚が体に合わない人や、サバなど限定で体に合わない人もいるので、そういう場合はいくら良いといわれていても無理に摂取することは避けましょう。

 

しかしサプリならほとんど蕁麻疹が出るようなことはないので、安心して摂取することができます。そのため青魚が嫌いな人や合わない人にもサプリはおすすめです。またオメガ3の含有量の多い油はとても酸化しやすいので、フタをきちんと閉めるようにして、大瓶ではなく小瓶を利用して新鮮なものを摂取するようにしましょう。

 

過剰摂取による副作用

オメガ3の過剰摂取による副作用

オメガ3はドロドロの血液をサラサラにする効果があることはご存じだと思います。しかしあまりサラサラになってしまうと、今度は止血ができなくなったり、いろいろな弊害があるのではないでしょうか。しかし「青魚やオメガ3を過剰摂取すると弊害が出る」ということは、どうも机上のお話のようです。

 

つまり実際にオメガ3脂肪酸の摂りすぎで血液がサラサラになりすぎるほど、たくさんの青魚を食べられるでしょうか。またエゴマ油などを毎日カップ1杯も飲めるでしょうか。またそうしたとしても、それを毎日のように続けることができるでしょうか。まずこのようなことはあり得ないことですね。

 

ただしサプリは用量というものがあるので用量は守るべきです。しかしサプリも10日分・20日分も毎日せっせと飲む人はいるでしょうか。またこのように摂取したとしても、オメガ3の過剰摂取の副作用が出る前に下痢や吐き気などを起こし、過剰摂取のトラブルが起こるには至らないというのが現実です。

 

1日の目標摂取量

1日の目標摂取量が厚生労働省からも提示されていて、これは1日2gとなっています。しかし、上限の数値も提示されていません。逆に取りにくい成分だからこそ、「できるだけ摂りましょう」ということなのです。そのため過剰摂取より不足の方が問題が大きいのではないでしょうか。

オメガ3脂肪酸サプリ比較ページへ