オメガ3アトピー

オメガ3脂肪酸はさまざまな健康効果をもたらせてくれるようです。ダイエットや動脈硬化予防や改善など驚くような効果が出ています。昔は和食で魚中心だったため青魚も当然多く摂取し、オメガ3も知らず知らずに十分摂っていたことでしょう。

 

しかし最近の欧米化した食生活では、随分オメガ3を意識しなければならなくなってしまいました。そしてそんな現代人の悩みの1つ、アレルギーの代表格でもあるアトピー性皮膚炎もまた食生活の変化によるものではないでしょうか。このアトピー性皮膚炎もオメガ3によって嬉しい効果が期待されています。

 

オメガ3はアトピーに最適

アトピー性皮膚炎を発症している人は、油というと悪化すると考えてしまいます。確かに毎日使う油にも注意しなければなりませんがオメガ3は逆です。つまりオメガ3は症状を抑えてくれる働きがあるのです。そこにはオメガ3の血液サラサラ効果が大きく影響していると言われています。

 

わたしたちが生きていくために大切な栄養素の1つに油脂があります。タンパク質や炭水化物と同様になくてはならないものです。しかし油脂の中の飽和脂肪酸は動物性油脂のことで、溶ける温度が高いため体内でも固まりやすい性質にあります。

 

そのために血管に溜まってしまい、コレステロールを増やして血液をドロドロにしてしまいます。しかし不飽和脂肪酸は溶ける温度も低いので、体内でもサーッと溶けてしまい血管などに溜まることもありません。そのため血液もサラサラになり、細胞も活性化されアレルギーにも良い影響を与えてくれるのです。

 

オメガ3とオメガ6のバランス

不飽和脂肪酸にもオメガ3、オメガ6などがありますが、特にこの2つのバランスも重要であると言われています。わたしたちがスーパーなどの油売り場ではコーン油、サラダ油、紅花油などオメガ6の油が占領していますが、オメガ3のエゴマ油やアマニ油などは少ないのが現実です。

 

もちろんオメガ6も、紅花油やコーン油など質の良いものを摂取することは大切です。しかしオメガ3とオメガ6のバランスは1:4が理想であり、オメガ6を全体的に減らしオメガ3を増やすことが大切になります。またアトピーの場合は1:2に近づけることが理想とされています。

 

人工的な油は避ける

人工的な油は避ける

また人工的に作られた油にはショートニングやマーガリンなどがあります。いつまでもサクッとしたクッキーや天ぷらなどにも使われている油ですが、これらトランス脂肪酸は健康にも悪く、特にアトピー皮膚炎の人やアレルギーを持っている人は絶対に避けましょう。毒性が強く欧米では使用禁止されている国もたくさんありますが日本は禁止されていないので、さまざまなものに使われているのが現実です。

 

アトピーの人には

そして特にアトピー皮膚炎の発症を抱えている場合は、飽和脂肪酸の多い牛肉、豚肉、鶏肉などを極力避け、大豆タンパクを多く摂取するようにしましょう。また緑黄野菜を中心に野菜を多く摂ることで、ビタミンやミネラルそして食物繊維を十分に摂り、デトックスも十分に行います。特にアトピーがひどい場合は、肉類を一切避けた方がアトピーを抑えることができると言われています。その症状によって考えていきましょう。

 

そしてオメガ3を十分摂るために青魚もたっぷり食べたいところですが、最近は魚にも海洋汚染による有毒なものが含まれていることも多いので、アトピー皮膚炎疾患の場合はエゴマ油やアマニ油のようなオメガ3が豊富なオイルを多めに摂取するようにした方がおすすめです。

 

ただし熱と酸化に弱いので、サラダやパンに付けるなど生で新鮮なものを摂取しましょう。例えばお料理はさっぱりしたメニューにして、サラダなどはエゴマ油をドレッシングにして、オイリーな味わいで満足させているという人もいると聞きます。

 

青魚から摂取しないのであればエゴマ油などの質の高いオイルを一日小さじ4杯程度摂取できます。そのためサラダドレッシングなどにして十分オイリーな味わいが楽しめます。ついでに新鮮な野菜も食べられるのでおすすめです。また緑黄野菜の温野菜に使っても美味しく食べることができます。

オメガ3脂肪酸サプリ比較ページへ