有胞子乳酸菌

有胞子乳酸菌とは胞子を形成する乳酸菌のことであり、とても強い乳酸菌の1つです。健康いきいき倶楽部から発売されている「乳酸革命」サプリや、三菱化学フーズによる「ラクリス-S」サプリなどに使われている乳酸菌です。

 

有胞子乳酸菌とは

有胞子乳酸菌は1949年に緑麦芽から分離された乳酸菌で、山梨大学の中山大樹博士によって発見されたものです。正式名はバチルス属コアギュランス種となっています。有名なグリコのビスコに入っていることは意外と知られていないようです。

 

十二指腸や小腸で胞子を作って発芽する乳酸菌として、他の乳酸菌とはまたちょっと違ったタイプと言えるのではないでしょうか。しかし属性はまったく違いますが、カルピス菌も胞子を形成していると言われています。

 

過酷な環境に耐えられる乳酸菌

有胞子乳酸菌は三菱化学フーズの研究データによると、70度の温度でもほとんど影響を受けない乳酸菌であること。そして人工胃液のph2.0の状態でも、ほとんど影響を受けないことが分かっています。この結果は多くの優秀な乳酸菌の中でも、トップクラスと言いえるほど強い乳酸菌と言えそうです。

 

人は空腹時の胃酸は大体ph1〜1.5という酸度といわれているので、よほど空腹時でなければまず影響を受けないと考えられるのです。ほとんどの乳酸菌の検査ではph3〜4の検査しかしていないので、この検査は相当過酷と言えます。このような実験からも有胞子乳酸菌の強さはトップクラスであり、生きて腸内に届く力が強い乳酸菌なのです。

 

日本人に合った乳酸菌

しかし、ただサプリでたくさんの乳酸菌を摂取しても、その人の腸内フローラに合わなければ意味がありません。人は生まれたときから食べたもので、腸内フローラの様相も違ってきます。もちろん人それぞれ同じ様相をした腸内フローラの人はいないものの、やはり日本人は日本人の傾向があります。この有胞子乳酸菌は緑麦芽の乳酸菌なので、植物性でありその上穀物系の乳酸菌です。だからお米が主食の日本人にぴったりなのです。

 

有胞子乳酸菌の効果

有胞子乳酸菌の効果は便秘解消効果や、さまざまな腸内環境改善による健康効果がありますが、特にアレルギー改善、予防効果が期待されています。花粉症やアトピーなどのアレルギーの人にとって強い味方となりそうです。また健康な成人女性18人に、有胞子乳酸菌を摂取する前と摂取後の検査ではビフィズス菌が増加し、悪玉菌バクテロイデスやクロストリジウムの減少が見られたとのこと。便のph値の改善やアンモニア量低下などもしっかり変化していました。また便性の調査では、有胞子乳酸菌1億個カプセルを2週間摂取したところ便の色改善67%、便の形改善63%、排便回数増加68%、便の匂い改善36%という結果が出ています。また毎日有胞子乳酸菌4億個入カプセルを4週間の摂取によって、花粉症の目の痒みが治まり鼻水も軽減したという結果が出ています。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い