ヤクルト菌

ヤクルト菌とは正式名称は「LCS」「ラクトバチルスカゼイ・シロタ株」「乳酸菌シロタ株」とも言われています。人由来の乳酸菌で、強い乳酸菌となるために乳酸幹菌を培養して作られました。医学博士である代田稔博士の研究によって作られた乳酸菌なので、シロタというネーミングになったのです。

 

よくヤクルトはヤクルト類似品とはまったく違うと言われますが、このヤクルト菌が入っていない類似品は味だけが似ているだけのものだったのです。もちろん本物のヤクルト製品には、しっかりとヤクルト菌が使われています。

 

ヤクルト菌とヤクルトについて

ヤクルト菌は小腸で活発に活動する乳酸菌の一種です。大腸菌やウェルッシュ菌など悪玉菌を減少させる効果があり、発がん性物質の発生を抑制します。またヤクルト菌は代田博士によって強力な乳酸菌に培養されたもので、胃酸や胆汁にも負けることなく生きたまま腸内に届く乳酸菌なのです。

 

そのためヤクルトを毎日飲むことで、腸内環境が改善されます。その上、ヤクルトはとても美味しいので、子どもから大人までみんなで飲むことができるのです。

 

ヤクルト菌の効果と実証

ヤクルト菌を飲んだ人の臨床実験では、ヤクルト菌の入ったヤクルトを飲用したところ、腸内に住んでいるその人によって違った様相のさまざまなビフィズス菌が2.5倍以上増加しており、大腸菌などの悪玉菌が約40%程度減少したことが実証されています。そのため腸内環境がとても良い状態になることも実証されました。

 

「ヤクルト400」が凄い

ヤクルトシロタ株(L.カセイYIT9029)のヤクルトの2.5本分。そのためヤクルトは150億のヤクルト菌の摂取となりますが、ヤクルト400はネーミングのとおり400億のヤクルト菌を摂取することができるのです。

 

またヤクルト400LTも発売されましたが、これはただヤクルトの2.5倍の量というだけでなく、甘さが控え目になっておりカロリーを30%抑えているのです。ダイエット中の人にはとても向いているタイプです。ただし、ヤクルト400とヤクルト400LTは甘さが相当違いますが、カロリーは1本につき20キロカロリーの違いだけです。

 

そしてヤクルト400の方がしっかり400億の吸収が行われるようにということで、実際は吸収ロスの分も考えて400億よりずっと多く入っているのです。しかしヤクルト400LTは400億きっかり入っているので、ロス分を考えると実際には400億は摂れないことになります。そのためヤクルトでは、実は20キロカロリーは他でなんとか減らして、ヤクルト400を飲んで欲しいというのが本音のようです。

 

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い