植物性乳酸菌

乳酸菌には動物性と植物性があることはご存じでしょうか。乳酸菌というネーミングから牛やヤギ、人間など哺乳類のお乳に入っていると思っている人も多いのではないでしょうか。しかし乳酸菌の中にはもちろん乳糖を栄養源とした動物性の乳酸菌も含まれますが、植物が持っているさまざまな糖を栄養源にしている乳酸菌が存在し、それを植物性乳酸菌と言うのです。

 

植物性乳酸菌の含まれているもの

植物乳酸菌は発酵食品といわれるものに含まれています。例えば漬け物には多種類の植物性乳酸菌が含まれています。日本ではぬか漬け、塩漬け、奈良漬け、麹漬け、しば漬けなどいろいろなつけものに含まれています。そして海外では韓国のキムチ、中国のザーサイ、インドのテンペ、ドイツのサワークラフトなど挙げればまだたくさんあります。

 

他にも発酵食品は漬け物だけでなく味噌や醤油、甘酒なども代表的な植物性乳酸菌の宝庫となっています。ただし、きちんと発酵されていないものは植物性乳酸菌も少ないので、浅漬けより古漬けの方が良いということになります。

 

植物性乳酸菌の特徴

動物性乳酸菌は酸に弱く熱にも弱いというデリケートなものがほとんどですが、植物性乳酸菌はとても過酷な条件でも強く生存することができるという特徴があります。そのために食品として摂取した植物性乳酸菌は、そのまま胃酸の影響を受けにくく元気な状態で腸に届くのです。

 

そして動物性乳酸菌の場合は乳製品の中と腸内でしか生きられないのに比べ、植物性乳酸菌は空気に触れても酸にも熱にも強いので摂取しやすいと言えます。そして植物に由来するすべての発酵したものに存在している植物性乳酸菌は、腸内で動物性乳酸菌より力強くしっかり腸内に根付くこととも言われています。腸内環境改善のためには頼りになる乳酸菌と言えそうです。

 

植物性乳酸菌のメリット

植物性乳酸菌を摂取する場合、例えば漬け物などは食物繊維も同時に摂取できるので、腸内環境のためにはダブルでメリットがあるのです。また植物性乳酸菌を取り続けるとビフィズス菌が2倍も増えることも実験によって報告されています。

 

日本人は食物繊維摂取量が多い食生活を送っていたため腸が欧米人より長く、その分消化にも時間がかかります。そのため腸内でしっかり長時間力を出し続けられる強い植物性乳酸菌がピッタリだったのです。せっかく日本に生まれたのなら、是非植物性乳酸菌を多く摂れるように食事の見直しをしてみましょう。

 

植物性乳酸菌の商品

植物性乳酸菌の代表格というと「ラブレ」があります。「すぐき」というカブの漬け物から発見された植物性乳酸菌でサプリや乳酸飲料に使われています。また「ヘルスフィットお米の乳酸菌K-1」はお米の乳酸菌サプリ。「ラクティス縫う酸金生産物質」は豆乳を発酵させた植物性乳酸菌のサプリ。「ふなずし乳酸菌SU-6バイオジェニックス」は、「ふなずし」から発見された植物性乳酸菌のサプリ。「大草原の乳酸菌NS-Slim」も植物性乳酸菌サプリです。このように植物性乳酸菌を使った商品もたくさん揃っています。特にサプリが多い傾向があります。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い