プロテクト乳酸菌

ラクトバチルス・ペントーサス・S-PT84株が正式名で、サントリーの研究によって発見された乳酸菌です。温度の変化が激しく、塩分の強い悪環境の中でも生き抜くことのできる強い乳酸菌を、京都の名産でもあるしば漬けから発見されました。サントリーではプロテクト乳酸菌の発見から、より効果的な乳酸菌に作り上げるため研究に7年という歳月を掛けて、現在のサントリー乳酸菌サプリ「プロディア」が誕生したと言われています。

 

プロテクト乳酸菌について

植物由来のしば漬けから発見されたプロテクト乳酸菌は、塩分が強く他の微生物とも共に生息しているためとても環境に強く、胃酸による分解にも負けず腸に届きます。そして腸内での定着率も乳酸菌としての力も、動物性の乳酸菌より強いと言われているのです。

 

いわゆる乳酸菌の中でも、たくましい野生児と言えるのかも知れません。特にプロテクト乳酸菌は高温で培養することによって、細胞壁を一般の乳酸菌の2倍以上にすることができました。そのため環境の影響を受けずに、しっかり働くことができるプロテクト乳酸菌が誕生したのです。

 

プロテクト乳酸菌の細胞壁と免疫力

プロテクト乳酸菌は免疫力を高める効果も高いと言われています。そしてそこにはサントリーが研究によって作り出した、プロテクト乳酸菌の細胞壁の厚さに関係があったのです。プロテクト乳酸菌の細胞壁の部分のみ、細胞内物質のみ、核酸のみと部分によって免疫活性度を比べた結果があります。

 

結果については、細胞壁の部分が2.5ng/ml、細胞内物質が0.7ng/ml、核酸部分は0.25ng/mlというものでした。つまりプロテクト乳酸菌の細胞壁に免疫効果が高いことが判明したのです。そこでサントリーはプロテクト乳酸菌の細胞壁をできるだけ厚くすることに成功し、免疫効果の高い乳酸菌を誕生させたのです。

 

プロテクト乳酸菌と免疫細胞

サントリーによる臨床試験ではプロテクト乳酸菌を摂取すると、免疫細胞であるTh1細胞とNK細胞を、どちらも活性化する効果が高いと判明しました。NK細胞は24時間体中をパトロールし、外敵がいた場合は即効その場で攻撃を与えるという頼もしい免疫細胞です。特にインフルエンザなどにも負けない体をつくってくれます。

 

またヘルパーT細胞の1つであるTh1細胞の活性化によってTh2とのバランスをとることができ、アレルギーなどから身を守ることができます。もちろん免疫力は他の病気予防にも発揮され、このバランスはとても重要です。特にTh1細胞はストレスや自律神経の乱れ、ホルモンの乱れ、加齢、生活環境など、さまざまなことで減ってしまいます。それによってTh2が強くなりすぎ、抗体がたくさんつくられてしまうためアレルギーを起こします。免疫システムの要とも言われているヘルパーT細胞のバランスを取るためには、このプロテクト乳酸菌のようなTh1細胞を活性化してくれる成分が是非欲しいところです。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い