プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い

ヨーグルトにはそれぞれのメーカーが研究した優秀な乳酸菌やビフィズス菌を利用しています。特にプロビオヨーグルトシリーズやビヒダスヨーグルトは人気が高いと言えそうです。プロビオヨーグルトシリーズやビヒダスヨーグルトそれぞれの特徴をご紹介し、そこから違いを考えてみましょう。ちなみにプロビオヨーグルトシリーズにはR-1、PA-3、LG21があります。

 

プロビオヨーグルトR-1について

正式名称はラクトバチルス・ブルガリクスR-1という乳酸菌が配合されているヨーグルトです。明治から発売されているプロビオヨーグルトシリーズは、一般のヨーグルトの効果プラスアルファのチカラがすごいヨーグルトがそろっていることでも知られています。

 

R-1ヨーグルトはインフルエンザの季節になると、ヨーグルト売り場を埋め尽くすほど置かれている人気のヨーグルトです。このR-1ヨーグルトはナチュラルキラーを強化する効果が高いことから、免疫を強めインフルエンザや風邪などから体を守るヨーグルトとして人気があります。インフルエンザや風邪の他にもノロウイルス、ヘルペス、癌などの予防にも効果が期待されているヨーグルトです。

 

プロビオヨーグルトLG21について

プロビオヨーグルトLG21は、もともと明治が保有している数千の乳酸菌の中から発見された特殊な乳酸菌の1つです。正式名はラクトバチルスガッセリーOLL2716株と言う乳酸菌で、頭文字のLGと21世紀への飛躍を込めて21と付けたと言われています。

 

一般の乳酸菌は胃酸に弱い性質がありますが、このLG21は胃酸にまみれた胃の中に棲息することができるのです。同じように細菌でありながら胃の中で棲息しているピロリ菌ですが、このピロリ菌を殺菌することができるのがこのLG21乳酸菌なのです。

 

敵のいない胃酸の強い胃の中で、のうのうと増加しているピロリ菌を、どんどん殺菌するのがこのLG-21乳酸菌なのです。ピロリ菌というと胃潰瘍や胃ガンの原因とされています。以前は科学者でも胃の中に菌が棲んでいるとは考えていませんでした。しかし自分にピロリ菌を摂取して実験した、勇気ある医学者によってピロリ菌が胃の中に棲んでおり、それを抗生物質で殺菌する治療を考案されました。

 

しかし最近はこのLG-21が発見され、できるだけ他の菌を殺してしまう抗生物質を使わずに、ピロリ菌を殺菌する方法として毎日のLG-21の摂取法が注目されています。ブルガリア菌やガセイ菌などのラクトバシルス属は殺菌効果が強いと言われていますが、胃酸の中のピロリ菌を殺菌できるのはこのLG-21のみです。

 

プロビオヨーグルトPA-3について

正式名はラクトバチルスガッセリーPA-3という乳酸菌配合のヨーグルトで、プリン体を分解するヨーグルトとして人気があります。プリン体が気になる、特に男性に人気のあるヨーグルトです。尿酸が過剰になるとさまざまな疾患につながりますが、特に痛風などになると完治方法はなく、風邪が吹いても痛いと言われるほどの激痛に襲われるようになってしまいます。このように乳酸値の高い人は毎日PA-3ヨーグルトを摂取がおすすめです。

 

ビヒダスヨーグルトについて

こちらは森永ヨーグルトのロングセラーヨーグルトです。正式名ビフィドバクテリウム・ロングム・bb536というビフィズス菌が配合されたビヒダスヨーグルト。人の腸内に棲息している菌であり、健康な赤ちゃんの腸内から発見されたビフィズス菌から作られています。

 

人由来のビフィズス菌なので腸内の定着率が高く、腸内でしっかり働いてくれるビフィズス菌です。腸内の悪玉菌は発癌性があるなど、さまざまな健康障害を引き起こすと言われています。これらの悪玉菌をしっかり殺菌する乳酸と酢酸を代謝してくれる、力強いビフィズス菌なのです。

 

免疫力を高め、腸内環境を改善し、便秘改善、アレルギー予防、癌予防などビフィズス菌の持つ力強い効果が期待できるヨーグルトです。毎日しっかり摂取することで腸内環境を改善し、さまざまなウイルスから体を守ってくれるヨーグルトなのです。

 

プロビオヨーグルトシリーズとビヒダスヨーグルトの違い
それぞれの特徴をまとめてみると、どれも違いが見えてきますが、この2つの違いはメーカーが違います。プロビオヨーグルトシリーズは目的に特化したヨーグルトなので、自分に合ったものを選んで摂取するヨーグルトです。そしてビヒダスヨーグルトはどの効果も平均的に期待できるタイプで、毎日の腸内ケア、健康ケアにおすすめのヨーグルトと言えそうです。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて