乳酸菌食品

乳酸菌をしっかり摂ると腸内環境を良くするということは、多くの人に認知されていることです。また腸内環境が健康のすべてをコントロールしていると言っても過言でないほど、重要であることも最近知られるようになりました。そのため乳酸菌をしっかり摂るような食生活をしたいものです。ここでは乳酸菌が多く含まれる食品をご紹介しましょう。

 

ヨーグルト

乳酸菌と言うとやはりヨーグルトが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。ヨーグルトにはハードヨーグルト、ソフトヨーグルト、飲むヨーグルト、フローズンヨーグルトなどがあります。それぞれのメーカーが自信を持って研究したプロバイオティクス乳酸菌を配合し、それぞれの乳酸菌を特徴にしたヨーグルトを発売しています。

 

自分にあった乳酸菌が一番効果があると言われています。そのためたくさんの優れた乳酸菌を使用したヨーグルトを試してみるといいかも知れません。大体乳酸菌は1ml中に1000万個以上含まれると言われており、1日100tを目標に摂ると良いと言われています。

 

乳製品乳酸飲料

発酵乳に糖液や香料などをプラスして美味しく作られた生きた乳酸菌を使った乳酸飲料と、殺菌して生きていない乳酸菌を使ったものがあり、無脂乳固形分は3.0%以上とされています。生の乳酸菌を使ったものは1ml当たり1000万個以上摂取できますが、甘みも強いのでカロリーオーバーにならないようにしなければなりません。

 

乳酸菌飲料

いわゆる一般に言う乳酸飲料でも、乳製品乳酸飲料と乳酸飲料があります。こちらも発酵乳に糖液や香料などをプラスして美味しく作られていますが、無脂乳固形分が3.0%未満となっています。乳酸菌は1mlに対して、乳製品乳酸菌よりずっと少ない100万個程度となっています。

 

チーズ

チーズはナチュラルチーズと、プロセスチーズがあります。生きたままの乳酸菌が摂取できるのはナチュラルチーズで、乳酸菌と生乳を凝乳酵素で固めたものです。そしてそれを熟成したものがナチュラルチーズであり乳酸菌食品と言われています。

 

バター

バターは発酵バターに限り、生きた乳酸菌が摂取できます。生乳に乳酸菌をプラスして発酵させて作ったバターです。一般のバターは発酵していません。

 

漬け物

乳製品に含まれる動物性乳酸菌と違い、植物性乳酸菌は乳製品の中でなくても、植物があるところならどこにでも存在することができる雑草のような乳酸菌なのです。ぬか漬け、醤油漬け、味噌漬けなどさまざまな漬け物にも含まれています。植物の発酵食品に生存している植物性乳酸菌ですが、植物からしみ出た糖分を餌にして乳酸を作り出して発酵させています。

 

つまり発酵するには乳酸菌が不可欠とも言えるのです。世界中に野菜を発酵させた漬けものとして韓国のキムチや中国のザーサイ、ヨーロッパのサワークラフトやピクルスなど世界中に植物乳酸菌が食されています。ただし漬け物の摂取は塩分の摂りすぎにもなるので注意が必要です。

 

醤油や味噌

醤油や味噌は日本伝来のもので大豆を発酵、熟成させて作るものです。これらを摂取するわたしたちは、毎日このようなかたちで乳酸菌を摂取することもできるのです。ただし塩分も高いのでこれだけで乳酸菌を摂るということはできそうもありません。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い