乳酸菌シロタ株

乳酸菌シロタ株は正式名ラクトバチルス・カゼイ シロタ株(YIT 9029)、別名ヤクルト菌とも言われています。現在の京都大学で微生物研究を行っていた医学博士・代田稔氏によって1930年に胃酸や胆汁に強い乳酸菌が発見され、より強い乳酸菌に培養され乳酸菌ラクトバチルスカゼイシロタ株として誕生しました。

 

この代田稔博士は病気になる前に、病気にかからないようにする予防医学にいち早く着目され、微生物研究に進まれたと言われています。そして1935年に多くの人にこの乳酸菌を広げたいという気持ちから、乳酸飲料の「ヤクルト」が販売されることになったのです。

 

生きたまま腸内に届く

乳酸菌シロタ株は胃酸や胆汁にも強く、胃に到達した時点でほとんど死滅してしまう乳酸菌の中でもとても優秀な乳酸菌なのです。そのため生きた状態で腸内に届くことができ、腸内環境をアップさせる効果があります。乳酸菌シロタ株を飲用したときには、非飲用の場合と比べて腸内のビフィズス菌量は2倍。また悪玉菌の量は非飲用のときの約5分の1〜6分の1に減っているという検査結果の報告もあります。つまり乳酸菌シロタ株は、プロバイオティクスの代表的な歴史ある乳酸菌なのです。

 

乳酸菌シロタ株の免疫効果

乳酸菌シロタ株は免疫細胞の活性効果があるため、アレルギー予防や改善にも高い効果が期待できるのです。また順天堂大学研究グループは、介護老人施設の高齢者による臨床実験を行い、その結果ノロウイルスの熱症状の緩和効果も報告しています。

 

また胃癌や胃潰瘍で胃の切除をした人に乳酸菌シロタ株を接種してもらったところ、切除にともなう便秘や下痢などの後遺症が改善され、善玉菌が増えたという報告もあります。このように腸内環境が良くなることで、さまざまな効果が期待できるのです。

 

乳酸菌シロタ株は癌にも効果が高い

乳酸菌シロタ株は腸内環境を高めることから、大腸癌予防にも効果が期待できると言われています。そして免疫力を高める効果による、大腸癌だけでなくさまざまな癌の予防にも期待されているのです。最近医療関係者の中では、乳酸菌シロタ株による乳癌予防にも注目されています。その理由の1つとして腸内の免疫細胞であるナチュラルキラー細胞の活性効果があり、変異物質つまり発癌を引き起こす物質の排出効果があることも明らかになってきたからなのです。

 

ヤクルト本社により乳癌になりやすいと言われている40歳〜55歳の女性を対象として、乳癌でない人と乳癌初期の人のアンケート検査が行われました。初期の乳癌の人はシロタ株含有食品の摂取が週に4回以下、乳癌でない人は週に4回以上の摂取が認められたという報告がありました。このことからも乳癌と乳酸菌シロタ株の関係にも新たな光が見えてきたのです。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い