乳酸菌死菌体の整腸作用

最近は乳酸菌死菌に注目が集まるようになってきています。「生きたまま腸内に届く」を大切にした商品もたくさんありますが、乳酸菌は死菌でも腸内環境によい影響を与えるということが解明されています。

 

乳酸菌の生菌と死菌について

乳酸菌の生菌はとてもデリケートで、腸内に生の状態で届くのはとても困難。そして届いたとしても腸内では住みつくことはできません。そうなると乳酸菌を生きたまま摂取しても意味がないと思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

しかし乳酸菌は生きていても、死んでいてもそれぞれの健康効果があると、腸内細菌の研究でも解明されているのです。それぞれの特徴があり、生菌のまま腸内に届けるなら、強い乳酸菌を使用したり腸溶カプセルなどを使用することが必要です。

 

そして死滅してしまった乳酸菌でも整腸作用は十分期待できます。死菌の効果をより高めたい場合は、加工処理を乳酸菌を使用するとより効果を感じることができます。つまりどちらも整腸効果をはじめ、わたしたちの健康に役立てることができるのです。

 

菌体成分と乳酸菌

乳酸菌は1つの細胞からできており、それぞれの細胞が細胞壁と言われる薄い膜に包まれています。その細胞壁には鎖状糖タンパク質があり、その中に細胞質と核が存在しているのです。このように乳酸菌を作り上げている成分を菌体成分と言います。

 

菌体成分の働きは、生菌や腸内に定住している乳酸菌の栄養素(餌)となって増殖力を高め、また悪玉菌の大好きな有害物質を吸着し便とともに排出するため悪玉菌の増殖阻害効果があります。それによって整腸作用を高めてくれるのです。そしてこの菌体成分が免疫細胞の活性化にも大きく影響を与え、免疫力を高める効果があると言われているのです。

 

そしてこの成分は乳酸菌が死菌であっても生菌であっても同じように効果を得られます。しかし加工処理をした死菌は、必要な成分のみ取り出すことができるので、1度に大量摂取ができより高い効果が期待できるのです。大量の菌体成分がパイエル板を刺激するので、免疫力向上効果が特化して高いと言われています。

 

生菌と死菌を利用するにあたって

乳酸菌の効果の中で生菌と死菌はそれぞれ特徴があり、どちらも腸内環境を良くすることができます。しかし自分にとっての用途、目的によって乳酸菌のタイプを選択すると、より効果が期待できるのではないでしょうか。

 

もちろん理想的には、生菌が摂取できる乳酸食品、発酵食品などをできるだけ意識的に摂取し、その上で乳酸菌加工処理をしたサプリなどをプラスすれば最高の腸内ケアとなるのではないでしょうか。また生菌を摂るつもりでも死滅する量が多くても、それが無駄にはならないことはご理解いただけたと思います。しかし死菌を利用するなら加工技術によって、それ以上の高い効果が得られるようになったことも知っておきたいものです。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い