乳酸菌生成エキス ラクティス

乳酸菌生成エキスとは乳酸菌を増やすエキスのことを言います。このラクティスは乳酸菌の増える環境をつくるもので、日本抗酸化B&Sコーポレーションから発売されています。最近は腸内環境がとても重要だと言われるようになり、乳酸菌摂取を促進するものが出ている中、乳酸菌を増やすためのエキスというタイプの違うものです。乳酸菌を増やすためには、このようなものがあることを知っておくといいのではないでしょうか。

 

乳酸生成エキス・ラクティスとは

ラクティスは清涼飲料水で、大豆由来の乳酸菌生成エキスとクエン酸、乳酸などが含まれています。乳酸菌そのものではなく、乳酸菌が作り出した乳酸が含まれています。無農薬有機栽培の豆乳の中で育てた、乳酸菌を増やす成分だけを抽出したものなのです。

 

ラクティスの成分

ラクティスは2種類の有効成分からできています。まず悪玉菌を弾き飛ばすだけの効力のあるバリアを作る、乳酸菌の分泌物が含まれています。この分泌物は悪玉菌の影響を受けずに、善玉菌の乳酸菌を増やしていくことができるのです。

 

腸内は善玉菌と悪玉菌のイス取りゲーム状態です。善玉菌を増やせば悪玉菌はおのずと減っていき、腸内環境は良くなっていきます。また酢などは実は酢酸菌の分泌物で、腐敗菌を増やさないという効果があります。乳酸菌生成エキスを摂取することで、腸内の善玉菌がそれぞれガードされるので、すごく強力な善玉菌となるのです。

 

もう一つの成分は菌体物質というものです。菌体物質とは糖鎖とも言われ、免疫力と腸壁を整えてくれます。この菌体物質は菌を構成している物質であり、乳酸菌の細胞膜にあるアンテナの役割をする物質です。腸内にはびっしりと絨毛が密集していますが、規則正しくきれいにそろえてくれる役割があります。つまりそれは、腸内の傷ついた細胞の修復効果があるからなのです。傷ついた腸は栄養を吸収できないため、傷が多いほど吸収が悪く血流も落ち代謝もすべて落ちていきます。

 

また乳酸菌の菌体物質は腸の免疫誘導装置と言われる部分を刺激するため、休んでいる免疫細胞を起こして元気にしてくれるのです。菌体物質は免疫細胞にとっては異物と見なすため、刺激すればするほど活性化してくれるということになります。

 

ラクティスの作り方

ラクティスは16種類の乳酸菌から作られています。複数の乳酸菌を一緒に培養することで菌同士が戦う性質を利用し、乳酸菌の同士の力を鍛えることができるのです。また繁殖しにくい環境で育てる方が、生存能力が強くなります。そのため乳酸菌が繁殖しにくい豆乳の中で培養することで、乳酸菌をさらに鍛えることができます。

 

乳酸菌は長時間熟成させると品質が高まることから、1年間という長い期間熟成発酵させます。そして特定の成分を抽出するとそれぞれの効果が強調されることから、乳酸菌の分泌物と菌体物質の2つの成分を別々に抽出し、商品になるときに1つに合わせます。

 

もうお分かりのとおり、できるだけ乳酸菌の性質を利用して、さまざまな厳しい環境で育て最強の乳酸菌をつくり、そこから分泌物と菌体物質を抽出しているのです。だからこそ、とても強力な乳酸菌生成エキスが出来上がるのです。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い