乳酸菌花粉症

乳酸菌によって花粉症が改善され、予防もできると言われています。その理由をしっかり知ることで、花粉症対策に乳酸菌が重要であることが納得できるのではないでしょうか。まず花粉症になるメカニズムを考えながら乳酸菌と花粉症の関係を探ってみましょう。

 

IgE抗体と乳酸菌

花粉が体内に侵入してくると、リンパ球の中の免疫細胞が外敵と見なして攻撃してしまいます。そのために炎症が起こるわけですが、このときに抗体ができてしまうと今後そのタイプの花粉が侵入してくると、瞬時に攻撃してしまうことにもなります。この抗体がIgE抗体と言い、増えて体内に溜ってしまうと、ある時突然発症したように花粉症の症状が表面に出てしまうのです。

 

実際には、わたしたちが気づかないうちに、このIgE抗体は長期間かかって溜り続けているのです。つまり症状が出ていなくても、花粉症に刻々と近づいているかも知れません。まだ表面化していないうちに、このIgE抗体を減らすことができれば、花粉症の発症になる前に予防ができるということになります。そんなIgE抗体の減少効果が高いと言われているのが乳酸菌なのです。

 

免疫細胞Th1細胞とTh2細胞と乳酸菌

他にも花粉症になるメカニズムには、免疫細胞Th1とTh2という2つの細胞が大きくかかわっています。アレルギー反応を起こすTh2細胞と、その反応を見張り反応を抑えるTh1細胞のバランスがとても重要になります。もちろんTh2がアレルギー反応を起こすことも免疫上とても重要なことであり、なくてはならない役割でもあります。

 

しかしその反応が暴走してしまうとアレルギーが起こってしまうため、それを抑える役割を持つTh1細胞が必要になるのです。つまり体を守るためには、大切な免疫細胞コンビと言えるのではないでしょうか。しかしこのバランスが崩れると、Th2が暴走するため花粉症になるわけです。乳酸菌はこのTH1細胞を強化する効果があるためTh2の暴走を抑えることができます。

 

ナチュラルキラーの正常な働きのため

また乳酸菌は免疫細胞であるナチュラルキラーの活性効果もあります。ナチュラルキラーとはNK細胞とも言われ、体内のパトロールをしながら外敵がいると即攻撃を始めます。つまりとても行動派の免疫細胞なのです。普段は頼りになるNK細胞ですが、1度外敵と見なしたものは徹底的に攻撃していきます。

 

しかし乳酸菌は間違った抗体を減らすため、NK細胞は正しい判断によって働くようになります。つまり本当の外敵にはしっかり攻撃ができる強い免疫細胞となり、そして間違った攻撃はしなくなるのです。花粉症予防か改善に乳酸菌が期待できるのは、このようなメカニズムがあったからと言えるのです。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い