乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用

乳酸菌PA-3株は明治乳業独自の研究の中で選び抜かれた、プリン体と戦う乳酸菌としても知られています。明治プロビオヨーグルトPA-3として商品化されています。この乳酸菌PA-3株がプリン体にどのように作用するのかなどをまとめてみましょう。

 

乳酸菌PA-3について

乳酸菌PA-3の正式名はラクトバチルスガッセリーPA-3ですが、明治の研究室で選び抜かれたプリン体を分解する効果のあるプロバイオティクスです。ちなみにプロバイオティクスは腸内環境のバランスを整えるための生きた微生物のことを言います。

 

PA-3株はどんな人におすすめか

乳酸菌PA-3株はプリン体を分解する効果がある乳酸菌と言われていますが、高尿酸血症の予防・改善や、痛風予防・改善を目的としている人におすすめです。高尿酸血症とは体内に尿酸が増えてしまい、それがいろいろな悪さをして二次的な疾患につながります。よく知られている疾患として、関節に尿酸の結晶が溜まってしまうことから起こる痛風がよく知られている疾患の1つです。

 

痛風はその文字どおり、風が吹いても痛いというほどの激痛に見舞われます。そして1度発症してしまうとなかなか完治は難しい疾患でもあるのです。また高尿酸血症から尿酸結石や腎障害、動脈硬化、高血圧などにつながることもあり、特95%は男性だと言われています。そのため、食べすぎ、飲み過ぎ、生活習慣の乱れなどが気になる男性は、高尿酸血症の予防として乳酸菌PA-3株がおすすめなのです。

 

プリン体とは

プリン体自体、人だけでなく生物すべてにとって生きるためには必要不可欠なものです。プリン塩基、プリンヌクレオシド、プリンヌクレオチド、核酸などの総称となっています。そしてうまみ成分でもあり、うまみの強い魚や動物などには多く含まれています。

 

当然プリン体の多い食品の摂取は減らすことが必要ですが、約7割は体内で生成されていると言われています。プリン体は核酸などが分解されてできる燃えカスのようなもので幾つかの物質があります。

 

乳酸菌PA-3株とプリン体の関係

プリン体にはプリンヌクレオチド、プリンヌクレオシド、プリン塩基などがありますが、プリン塩基が糖と結合するとプリヌクレオシドとなり、このプリヌクレオシドにリン酸が結合するとプリンヌクレオチドになるという関係があります。

 

まず食べものの中に含まれているプリン体はほとんどプリンヌクレオチドですが、乳酸菌PA-3株によって、プリンヌクレオチド→プリンヌクレオシド→プリン塩基へと分解促が促進されるのです。そしてプリン塩基になると、体内吸収がされにくくなります。

 

また乳酸菌PA-3株はプリン体を分解し、菌の体内にプリン体を取り込もうとします。プリン体の代表的な構造であるプリン塩基とプリンヌクレオシド、プリンヌクレオチドの3つの構造を持つプリン体を、乳酸菌PA-3が菌の体内に取り込むことも証明されています。

 

そして乳酸菌PA-3株はプリン体を菌の体内に吸収すると、乳酸菌の増殖の栄養素となるのです。つまりプリン体は乳酸菌PA-3株によって吸収されにくいかたちにサポートされたり、乳酸菌PA-3の増殖するための餌となります。それによって尿酸値が下がり、高尿酸血症によって起こる痛風や、関連して発症する疾患の予防、改善に効果が期待できるのです。

 

ラットによる乳酸菌PA-3株の実験結果

乳酸菌PA-3株を含んだヨーグルトを、薬剤によって高尿酸血症を発症したモデルラットに8日間投与し、乳酸菌PA-3株を含まない乳酸菌を摂取したモデルラットと比べ、5日目から尿酸の量に違いがはっきり出ました。この実験によって、乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用して、腸から吸収されるプリン体を減少させる効果が証明されたのです。

 

乳酸菌PA-3株はプリン体と戦う乳酸菌

乳酸菌PA-3株配合のヨーグルトの広告では、プリン体と戦う乳酸菌というキャッチフレーズですが、実際に乳酸菌PA-3株のプリン体に働く影響は、確かにプリン体と戦う乳酸菌という言葉がピッタリと言えそうです。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い