コッカス菌

乳酸菌には大きく分けて6つの属性に分れます。しかしその多くがコッカス菌に属しているものです。さて、コッカス菌にもいくつかの代表的な種類があるので種類別にご紹介しましょう。コッカス菌はさまざまなメーカーの乳酸ドリンクやヨーグルト、それにサプリなどに使われている優れた乳酸菌なのです。

 

エンテロコッカス(Enterococcus)属

エンテロコッカスは人由来の常在菌で楕円形のレンサ球菌となっており、連鎖球菌属の腸球菌と言えるものです。最近研究されている新型乳酸菌としても注目されています。腸内の細菌の中で、特に免疫力を高める力があることでも知られており、一般の乳酸菌の約3倍程の効果が期待できると言われているのです。

 

またエンテロコッカスは生きている細菌を腸内に届けるより、加熱殺菌した死菌にこそ免疫力を高める効果が高いということも分かってきたのです。そのため「生きて腸まで届く」という謳い文句の商品はエンテロコッカスではないということが言えます。エンテロコッカスは人由来のため人間の便から取り出した細菌を培養し加熱乾燥させたものです。

 

そして加熱するため体積が減少するため、少量で大量の乳酸菌を体内に取り入れることができるようになったのです。効果としては免疫を高めることからアレルギー疾患などの自己免疫病の治療にも期待されています。他にもコレステロールや中性脂肪の低下、整腸効果など高い効果が期待されている乳酸菌です。

 

ストレプトコッカス(Streptococcus)属

人間の腸内にある細菌は100種類以上100兆個以上と言われていますが、その中でも球菌の1つで、小腸の上部に存在するのがこのストレプトコッカスなのです。そして顕微鏡で見ると球菌が規則的につながって鎖のような形になっています。つまり曲がりやすいという特徴と紐のように配列する特徴があるのです。あまりよく聞く乳酸菌ではないようですが、酸素があってもなくても関係なく、乳酸発酵活動をすることができる強い乳酸菌とも言えます。

 

実はこのストレプトコッカスは急性咽頭炎や扁桃炎による発熱と感染、リウマチ熱、虫歯などを引き起こす菌と言われているのです。そのため今までは善玉菌として扱われていませんでした。しかし近年のバイオの研究により医薬品やサプリに使われるようになった、最近注目されている人由来の乳酸菌の1つなのです。悪い面もある分、良い面もとても強い乳酸菌のため、良い面だけを持つ乳酸菌にする培養が成功したことから特に整腸・美容に高い効果が期待できる乳酸菌に生れ変わったのです。

 

テトラジェノコッカス(Tetragenococcus)属

日本人には特になじみのあるコッカス菌の1つで植物性の乳酸菌となります。例えば味噌、醤油、漬け物などの発酵食品に含まれているものです。そして菌の形態は四連球菌で塩分の多いところに存在し、温度が高くなると増殖率も高まります。

 

発酵食品などには生きた菌は残らず、菌が作り出した乳酸が味を作るというものです。そして植物性乳酸菌であるテトラジェノコッカス自体にプロバイオティクス効果があるため酸やアルカリに強く、菌は生きたまま腸内に届けられる乳酸菌なのです。そして胃酸・アルカリに強いことから胃トラブルの改善などにも効果が期待できます。

 

またインターロイキン-12という物質の産生を促進し、キラー細胞を活性化するため免疫力が高まります。風邪やインフルエンザ、0-157、ノロウイルスなどからも身を守り、アレルギー症状の緩和にも期待されています。またテトラジェノコッカスの発酵は脂肪酸エチルを産生しますが、これが発がん性物質を制御する働きがあることも分かっており、ウイルス感染予防だけでなく癌予防にも効果が高いと期待されているのです。

 

ペディオコッカス(Pediococcus)属

ペティオコッカスは丸い四連球菌で、乳酸のみ産生するホモ乳酸発酵をします。特に漬け物などに多く存在している植物性の乳酸菌で、菌自体も酢酸を産生することから酸や塩に対して耐性があります。そのため胃酸にも影響を受けずに、生きたまま菌を腸内に届けることができるタイプのコッカス菌なのです。野菜の青臭さを柔らかくするため、漬け物やピクルスを美味しくしてくれます。

 

ペディオコッカスは自身で酸を産生するため、腸内の悪玉菌を消滅させる効果があります。また乳酸球菌は免疫力を高めることも最近解明されたこともあり、アレルギーなどにも高い期待が持たれているのです。また整腸、肌荒れ、メタボ予防などにも効果があると言われていますが、体内に定着されるには持続摂取が大切であり毎日続けて摂取するようにしましょう。

 

ラクトコッカス(Lactococcus)属

ラクトコッカスはチーズやヨーグルトなどの発酵に使われる乳酸菌で、牛乳にも多く含まれている球状の乳酸菌です。最近はラクトコッカス菌をプラズマ乳酸菌とも言われており、その効果が注目されています。注目されるようになったのは0-157を排除することに成功したことからと言われており、免疫細胞を直接活性化する効果があることが実証されたのです。

 

免疫細胞の1つであるプラズマ細胞というものがあり、その細胞に特に強い影響を与えることからプラズマ乳酸菌というネーミングがつきまた。この効果はとても希少なものと言われています。またラクトコッカスの配合の乳酸品やサプリにはギャバと言われているアミノ酪酸が含まれていますが、ラクトコッカスとギャバの相乗効果によって精神バランス、ストレス緩和、リラックス作用が期待されているのです。免疫力が高められるのでインフルエンザ、ノロウイルス、O-157などの予防にもおすすめの乳酸菌となります。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い