カルピス乳酸菌サプリ

カルピスというとやっぱり乳酸菌の専門メーカーというイメージがありますが、さすがにカルピスで研究された乳酸菌サプリにはL-92乳酸菌配合の「アレルケア」、そして枯れ草菌C-3102株配合「枯れ草菌」などがあります。また乳酸菌と切っても切れない関係のラクトトリペプチド配合の「アミール」、年齢ペプチド配合サプリの「年齢ペプチド」などもあります。

 

◇アレルケア

L-92乳酸菌が配合された、カルピスから発売されている乳酸菌サプリですが、L-92菌はカルピスの長年の研究によって選び抜かれた独自の乳酸菌です。L-92乳酸菌は一般的な乳製品からは摂取することができない独特な乳酸菌です。

 

特にアレルギー体質からくる、花粉症やアトピー性皮膚炎などの予防と改善に高い効果が期待できると言われています。アレルギー物質27品目を含まないアレルゲンフリー製品なので、食物アレルギー体質の人でも体の中からしっかりアレルギー体質を改善することができる乳酸菌サプリです。

 

◇枯れ草菌C-3102株

カルピスに由来する研究中に発見された独自の働きが期待できるサプリです。乳酸菌は毎日摂取した成分の1つですが人によって相性があります。体に合わない乳酸菌は幾ら良いと言われているものでも、すぐに排出されてしまいます。

 

しかし枯れ草菌C-3102は、もともと体の中に生息している乳酸菌をサポートする効果があるのです。つまり枯れ草菌E-3102とは相性が良い乳酸菌というより、人それぞれ腸内に多く存在している乳酸菌を増やす応援をしてくれる成分なのです。

 

胃酸や熱など外部から影響を受けずに、生のまま大腸まで届くカルピス社の研究によって作られたカプセルに入っているので十分生きたまま腸内に送られます。枯れ草菌とはもともと味噌や醤油に含まれているもので、納豆菌などもこの枯れ草菌の一種です。

 

◇アミールと年齢ペプチド

アミールや年齢ペプチドは、乳酸菌サプリではありませんが、発酵乳から作られた乳酸菌とも関係の深い成分のサプリです。アミールはLTP(ラクトトリペプチド)が含まれたもので、かまずに水で飲む粒タイプのサプリとなります。

 

ラクトトリペプチドとはヨーグルトなどの発酵乳から抽出したペプチドで、乳タンパク質カゼインから誕生したアミノ酸が3つ合体した健康成分です。カルピス菌の1つ、乳酸菌ラクトバチルス・ヘルベティカスから作られたもので酵素が発酵した成分です。

 

ラクトトリペプチドは胃で分解されずに腸まで生きたまま届くと言われており、腸内環境を良くしていきます。それと同時に血圧にかかわる酵素に影響を与えるため、血中にある血圧を上昇させる物質を抑える作用があるのです。また年齢ペプチドは特に中高年の健康維持に高い効果が期待されています。

 

 

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い