ファンケル乳酸菌サプリ

ファンケルの乳酸菌サプリは「ナチュラビオ」です。ファンケルというとさまざまなサプリを販売していますが、その中で選ばれた乳酸菌を使った「ナチュラビオ」は期待のできる乳酸菌サプリと言えそうです。

 

◇ナチュラビオについて

ナチュラビオは悪玉菌の増えてしまった腸内環境を改善し、毎日続けて摂取することで理想的な腸内環境に保つ効果が期待されています。特にビフィズス菌、乳酸菌、納豆菌、酪酸菌の4つの善玉菌が含まれているのもナチュラビオの魅力ではないでしょうか。腸内環境こそ健康すべてを司っていると言われています。だからこそ腸内環境の改善と保持効果が期待されるナチュラビオは、健康を保つためにも続けて摂取することが必要になります。

 

◇ビフィズス菌について

ビフィズス菌は乳糖やオリゴ糖などを分解し、代謝物として乳酸や酢酸を吐き出します。それによって腸内の悪玉菌の増殖を抑えることができ、ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンKなどを生成します。多くの乳製品に使われている人気乳酸菌の1つです。

 

◇乳酸菌について

乳酸菌は代謝することで乳酸を産生する細菌類の総称です。乳製品、漬け物などの発酵食品に含まれています。乳酸菌は乳酸などを吐き出し悪玉菌の増殖を抑え、一部は腸内に住みつき恒常性維持に役立ちます。ラクトバシラス属、ビフィドバクテリウム属、エンテロコッカス属、ラクトコッカス属、ペディオコッカス属、リューコノストック属など細菌学的な位置付けがされています。

 

乳酸菌には動物性と植物性のものがあり、動物性乳酸菌は乳製品に含まれることで生存しています。また植物性乳酸菌はとても強く、しば漬け、ぬか漬け、キムチ、ピクルスなど世界中の漬け物にも含まれており、植物発酵が起こっているところには存在することができる乳酸菌です。

 

◇納豆菌

納豆菌はもちろんネーミングのとおり納豆を発酵した中に含まれる枯れ草菌の一種です。特に稲の藁に多く生息しているものですが、1本の藁に約1000万個の納豆菌の芽胞のかたちで着いています。主に納豆の製造に利用されていますが、腸内の環境を整える効果が高いことから、細菌ではサプリなどにも使われています。特に善玉菌が住みつきやすい環境づくりをする働きがあります。

 

◇酪農菌とは

酪農菌は今まで長い間医薬品や飼料などに使われてきた微生物です。酪農菌が増殖すると酪酸や酢酸、プロピオン酸などを産生し悪玉菌を抑え込みます。また100度の高温でも効果は変らず、酸や強アルカリ、乾燥などにも休眠することで影響を受けません。そのため腸内までしっかり生きたまま届くことができる善玉菌なのです。酪農菌はビフィズス菌や乳酸菌を活性化を促進し、発育をサポートする効果が期待されています。また粘膜の傷を修復するため腸壁の傷修復効果もあり、小腸の絨毛運動を活性化することによって吸収力を高めることも。そしてオリゴ糖やビタミンB、ビタミンCを作り出します。

 

◇4つの効果

ファンケル乳酸菌サプリのナチュラビオは、これら4つの善玉菌がお互いの相乗効果によって、より効果的に作用するのです。単にさまざまな善玉菌を配合するのではなく、それぞれ計算しつくされた相乗効果がナチュラビオの魅力と言えるのではないでしょうか。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い