腸内細菌とアンチエイジング

腸内細菌はアンチエイジングにも効果が期待出来ると言われています。どのようなメカニズムによってアンチエイジング効果があるのでしょう。腸内環境によってさまざまな若返り効果が期待できそうです。

 

便秘改善と若返り

腸内環境が悪化することで便秘が起こりやすくなります。便秘は有害ガスや毒素が肌細胞にも吸収されるため、肌荒れや乾燥の原因に。肌が荒れて乾燥がひどくなると、小さなシワが幾つかまとまって1本の大きなシワにもなってしまったりと、シワは増える一方です。また血管の中はドロドロ状態になり血流も悪化すれば代謝も落ち、体重増加にもつながります。

 

免疫細胞と若返り

善玉菌は免疫細胞を刺激し、活性化させる効果があります。また免疫細胞の70%〜80%は腸内にあるとも言われており、腸内環境が悪くなれば免疫力も当然低下していくのです。免疫力が高まることで元気に病気もせず毎日が送れます。また体力があれば運動もでき、より若返り効果が期待できるのではないでしょうか。

 

セロトニンと若返り

アンチエイジングのためには、やはり前向きの気持ちはとても重要となります。精神的に若く前向きに生きている人は、やはり見た目も若いはず。そういう意味からも腸内環境は重要な鍵を握っています。いわゆる幸せホルモンと言われているセロトニンは、不安を解消してくれるホルモンです。

 

うつ病の人にはセロトニンの分泌がない人も多いとまで言われています。そんなセロトニンの前駆体の多くが腸内に存在しているのです。そのため腸内環境が悪くなるとうつ状態になったり、不安症になっていつも心配ごとが絶えない毎日を送ることになります。そんな状態ではどんどん老けてしまうのではないでしょうか。

 

生き生き細胞と肥満体質

腸内環境が悪くなると、しっかりと吸収することができなくなります。必要な栄養素をしっかり吸収するからこそ細胞全体に栄養素が届き、必要以上に脂肪を溜めようとしなくなるわけです。しかし腸内環境が悪いと吸収が悪くなり、必要以上に脂肪を溜め込む体質になってしまいます。これこそ肥満体質を作ることになってしまうのです。

 

そして細胞内にしっかり栄養素が行き届くようになれば、それぞれの細胞が生き生きと活性化し、内臓の働きもしっかりしてきます。つまり健康体になり、太りにくい体質に変化するのです。これはアンチエイジングには絶対に必要なことなのです。

 

中高年に掛かりやすい「がん」から守る

中高年になると、がんや成人病などの疾患にかかる率も増えてきます。そのため腸内環境を良くしておくことで免疫効果が高くなります。特にがん予防に関係するTh1免疫細胞ですが、腸内環境が悪くなると、Th2免疫細胞ばかり活性化しアレルギーなどの原因になってしまいます。

 

腸内環境を良い状態に保ち、Th1とTh2免疫細胞のバランスを取っていれば、がん予防もしっかりでき、アレルギー体質の予防もできるのです。アンチエイジングを考えるなら、腸内環境を整え免疫細胞も整えましょう。大きな病気は老化を招きます。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い