腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減

腸内細菌を整えることによって、花粉症の症状が軽減されると言われています。どのようなメカニズムによって花粉症の軽減や予防ができるのか。花粉症の原因や症状、腸内環境と花粉症の関係などを考えてみましょう。

 

花粉症の症状

花粉症の症状も人によって出かたはそれぞれですが多くの場合、季節性アレルギー鼻炎や季節性アレルギー性結膜炎を発症します。鼻水、クシャミ、鼻づまり、目の充血、かゆみ、流涙などが主な症状です。

 

またアトピー性皮膚炎や気管支喘息などを持っている人にも出やすく、花粉が飛び回っている時期ずっと症状が続きます。主にスギ花粉が多いと言われていますが、ヒノキ花粉を持っている人はスギ花粉に続きトータルで長期間、花粉症が続くことになります。

 

花粉症にかかりやすい人

花粉症にかかりやすい人は両親や特に母親が花粉症やアレルギー体質である場合。また食物アレルギーや喘息、アトピーなどを持っている場合かかりやすいと言われています。他にも免疫力が低下している人、腸内環境が悪い人なども花粉症にかかりやすいと言われています。

 

他に排気ガスや炭酸ガスなどの空気汚染や、海外からの強烈な大気汚染などによってアレルギー体質になりやすくなっているとも言われています。このように現在花粉症の原因は社会問題とも大いに関係あるようです。

 

花粉症と免疫細胞

では花粉に対してのIgE抗体が異常に多くでき一定量を超したときにヘルパーT細胞であるTh1、Th2細胞が活発に活動します。Th1細胞はウイルス、細菌、がん細胞などの有害物と戦う役割があり、Th2細胞はダニ、カビ、花粉、バクテリアなどと戦う役割があります。この2つの免疫細胞のバランスが崩れTh2が強くなるとアレルギー体質となります。

 

特に花粉に対してはTh2細胞の攻撃が暴走し、Th1細胞の働きが弱くなります。そのため花粉症になるということは、Th1細胞が担当しているがん細胞やウイルス細胞などがおろそかになるのです。つまり花粉症の人はがんに対しての免疫が低下し、インフルエンザや風邪などにもなりやすいということになります。

 

Th1細胞が強くなるとTh2細胞の暴走を抑え、Th2細胞が強くなるとTh1細胞の働きが抑えられてしまうのです。Th2細胞が花粉に対して攻撃しても、花粉は何も変化することはなく、ただ自分の皮膚や粘膜などを攻撃して傷めることになります。これがアレルギーの原因でもあり花粉症のメカニズムなのです。

 

花粉症と腸内環境

花粉症を起こすTh2細胞の暴走を抑えるためには、腸内の善玉菌がTh1細胞を活性させ、Th2細胞を抑える効果があると言われています。アレルギーは体質遺伝も多いと言われていますが、もちろんTH2細胞が強いのは生まれつきのものではありません。

 

つまりTh2細胞が強いことが遺伝的アレルギー体質なのではなく、抗体が作られやすい体質が遺伝すると言われているのです。そのためアレルギー体質の人ほど腸内環境を良い状態にして、免疫細胞を正常に整えておくことが必要です。

 

突然腸内環境がTh2細胞の暴走を抑えると言われても、何のことかわかりませんね。実は免疫細胞の70〜80%が腸内に存在しているのです。そして腸内環境が悪くなると善玉菌が減少し悪玉菌が増えます。それによって有毒ガスや有害物質が増えてしまい、免疫細胞のバランスも乱れ、免疫細胞の暴走にもつながっていくのです。そのため腸内環境を改善し、善玉菌を増やすことがとても大切です。

 

腸内環境を整えるだけではない

特にTh2とTh1のバランスを整えるためには、腸内環境を良くすることが重要ですが、他にも免疫細胞間の情報伝達に欠かせないカルシウム不足に注意することが大切です。そしてストレスを溜めないため毎日のお風呂などでゆっくりしたり、自分なりのストレス解消法を見つけるようにしましょう。また睡眠をしっかり摂ることも大切です。

 

花粉症が増えた原因

幼児期に外で遊ばなくなったり、過保護が要因としてあるとも言われています。また若い人も35度台の低体温者が増えたことも関係しているとのこと。低体温のために免疫が低下することで、花粉症などのアレルギー体質予備軍となっているとも考えられているのです。

 

また昭和30年代にどんどん植林されていた杉が、花粉を多く浸ける樹齢になった今、建築資材の価値が下がり切られることなく、そのままになっているということもスギ花粉の増えている原因となっています。

 

また住宅の気密性がサッシの技術向上とともに高くなったことから、ダニやハウスダストも増え、アレルギー体質が増加したことも原因の1つと言われています。そして食生活も野菜が減り大きく変化してきています。またインスタント食品が増え添加物の増加、そしてカルシウム不足も原因と考えられています。

 

そして食生活の変化やストレスなどによって腸内環境が悪化することで、免疫低下が起こるようになったのです。また大気汚染や食べ物の添加物などによって、有毒物質や添加物などがアレルギー体質を呼び起こしているとも言われています。

 

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い