ブルガリア菌

正式名lactic acid bacteriaという乳酸菌の一種で、ブルガリアヨーグルトのネーミングから多くの人がこの乳酸菌の名前を知っているのではないでしょうか。ブルガリア菌の特徴や効果などをご紹介しましょう。

 

◇ブルガリア菌について

1905年にブルガリアの医学者であるスタンメン・グリゴロフが発見したと言われています。彼は細菌学を専門とする医学生でしたが、27歳のときにブルガリアの伝統的な壺に入ったヨーグルトから乳酸菌を取り出すことに挑戦し、大変な苦労の結果3種類の嫌気性菌を発見したのです。

 

この中の一つがブルガリア菌というわけです。その後の研究によってヨーグルトの風味を付ける役割もあることがわかり、現在では国際規格のヨーグルトの種菌(スターター)は、ブルガリア菌とサーモフィラ菌と決まっているほどヨーグルトの基本として使われています。

 

ブルガリア菌は細長い棒状の形をした乳酸菌で、ラクトバチルス属となります。ビフィズス菌やフェリカス菌、アシドフィルス菌などは腸内に住みついている菌としても知られていますが、ブルガリア菌の場合は腸内に住むことはできません。そのためヨーグルトを作るスターターとしての役割と、胃腸内で酢酸を産生するため悪玉菌を抑制効果が期待されているのです。また胃を通過するときに死菌となるものも多く、腸内の善玉菌の餌となって活躍することもあります。

 

◇死菌について

ブルガリア菌の多くは胃酸などで死菌となり、腸内でも住みつくことはありませんが、死菌となって善玉菌の餌になることで活躍をします。また小腸内では免疫細胞であるナチュラルキラーなどを、この死菌が刺激をすることで活性化し、免疫向上効果もあるということも解明されているのです。

 

◇ブルガリア菌の効果

腸内には善玉菌と悪玉菌がいますが、善玉菌は消化を助けたり免疫を高めるだけでなく、さまざまな人間心身の健康にかかわる重要な影響をもつ細菌であることも分かってきています。ブルガリア菌はさまざまなかたちで腸内環境を良くし、健康に多くの恩恵を受けることができます。

 

◇便秘解消

ブルガリア菌には便秘を解消する効果が期待できますが、腸の蠕動運動を活発にしてくれることが第一の理由となります。またもう一つの理由として腸壁から水分が吸収されやすくなり便が硬くなるのを防いでくれるのです。

 

◇免疫を高める

腸内で生息することができないブルガリア菌は死菌となって免疫細胞であるナチュラルキラーなどを刺激することができます。それによって免疫細胞が活性化するため免疫力も高まるのです。

 

◇美肌効果

腸内環境を良くすることで肌細胞にも毒素が回ることもなく、吹き出物などの肌トラブルも起こりにくくなります。悪玉菌が多くなると有毒ガスが発生し、それが腸から逆吸収され肌細胞にも回ってしまいます。それによって肌トラブルが起りやすくなるので、腸内環境を整えることは美肌対策にも重要だということが言えるのです。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い