bb536乳酸菌

ビヒダスbb536

bb536乳酸菌は1969年に森永乳業が開発した、とても優秀な乳酸菌の1つです。発見されてから多くの乳製品に配合されてきました。森永乳業の「ビヒダス536」シリーズに配合されている乳酸菌としても人気があり、サプリも発売されています。正式名はビフィドバクテリウム・ロングム・bb536です。

 

bb 536乳酸菌について

正式名ビフィドバクテリウム・ロングム・bb536乳酸菌のロングムとは菌のタイプのことですが、ビフィズス菌には30ほどのタイプがあり、その中でも人間の腸内に生息する菌をロングムと言います。もちろんロングムの中にも数限りなく種類があると言われていますが、その中でもbb536乳酸菌は森永乳業によって健康な乳児から発見されたものなのです。つまり人由来のビフィズス菌ということになります。

 

bb536乳酸菌は他の多くの乳酸菌のように胃酸に弱くはなく、胃酸に強い性質のため胃の中を通ってもそのまま死滅することなく腸に届くという優秀なビフィズス菌なのです。日本では初めてビフィズス菌入のヨーグルトを発売し、この製造技術は30カ国に輸出され、各国でbb536乳酸菌入のヨーグルトが発売されています。

 

bb536と大腸がん

ビフィズス菌は腸内で糖から乳酸と酢酸をつくります。酢酸の強い殺菌力は悪玉菌を抑える効果もあり、腸内環境を高めてくれます。普段は腸内に生存しているbb536乳酸菌ですが、ちょっとしたストレスや疲れなどによって減少するため、毎日摂取することが理想です。

 

大腸内のビフィズス菌の割合が多くなると腸の蠕動運動活発になるので、便秘予防や解消にも役立ちます。また下痢が多い人にとっては整腸作用も高く、下痢の改善にも効果が期待できます。女性の臨床実験でも1日100gを2週間摂取すると1日当たりの排便回数が増え、有毒物質であるアンモニア濃度も下がったという結果が出ていますが、これも悪玉菌減少効果によるものです。

 

最近の研究でETBF菌という悪玉菌によって、大腸がんが引き起こされることも解明されました。そのためbb536乳酸菌によって大腸の悪玉菌を減らすことで、大腸がんの予防にもなることも分かってきたのです。

 

bb536乳酸菌と免疫力

bb536乳酸菌は免疫力を高める効果もあるため、O-157やノロウイルスなどからも体を守ってくれる効果も期待できます。他にインフルエンザや風邪、また花粉症やアトピーなどのアレルギーの予防や改善にも期待が寄せられています。また現実にさまざまな臨床実験によっても、これらの予防効果が高いことがたくさん報告されているのです。

 

アレルギーは実際に発症するずっと前から、抗体がどんどん溜りますがギリギリのところまで発症しません。そのため発症してしまうと改善にも時間がかかるため、できるだけ予防としてbb536乳酸菌を摂取していると、発症するまでに至らずに改善に向うでしょう。発症してしまうと、その症状はとても辛いものが多いので注意したいものです。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い