アレルギーIgE数値

アレルギーはIgE抗体が作られ、それがどんどん増えてしまい、あるラインを超えてしまうとアレルギーが発症します。アレルギーに大いに関係しているIgE抗体数値についてもう少し考えてみましょう。

 

アレルギーと抗体の関係

アレルギーの人は、実際には外敵ではない物質に対して、外敵というふうに免疫細胞が察知してしまいます。そしてアレルゲンに対してIgE抗体が作られ、それがある水準まで増えてしまうことでアレルギーが発症します。

 

体内で作られる抗体にはIgG、IgA、IgM、IgD、IgEの5種類あり、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状に関係する抗体はIgE抗体となっています。血清の中のIgEの数値が高い場合、花粉症やアトピー、喘息などの症状と結び付くことがほとんどです。

 

実際には花粉などのアレルゲンに対して、このIgE抗体が作られること自体、もう異常が起こっているのです。もともとこのIgE抗体は腸に入ってきた寄生虫からの感染を避ける働きがあります。鼻粘膜や皮膚細胞などがアレルゲンに対して作る抗体は、本来IgG抗体なのです。IgG抗体が正常に活発に働いていると、逆にIgE抗体は作用しません。

 

しかし日常生活の無菌化や今まで体が出会ったこともないような化学物質や毒素などが多い現在、抗体をコントロールする免疫細胞が正常に働かなくなり、IgE抗体が増えてしまうのです。

 

IgEの数値を調べると分かること

IgE抗体値が高い場合、まだアレルギーの症状が出ていなくても、体はその予備軍としてIgE抗体をせっせと作っているということになります。そのためIgE値が高くなっている成分については、アレルギーがあると考えられます。

 

検査をするとダニやハウスダスト、スギ花粉やヒノキ花粉、小麦粉、そばなどがアレルゲンだったりするわけです。IgE値が高いものはアレルギーが出ていなくても、アレルゲンの摂取を続けたり環境をそのままにしているとアレルギーを起こすことになります。そのためIgE検査を定期的に行っていると、今現在の状態が数値化されるのでアレルギーを極力予防することができます。

 

IgE値=症状の強さではない

ではIgE値が高くなると、アレルギー症状が高くなるかというと、単純にそうとは限りません。その証拠にアトピー皮膚炎の場合は、8割はIgE値が高くなると言われていますが、2割の人はIgEの数値が変わらなくてもアトピー体質なのです。これはIgE数値が低い人でもアレルギー体質であることや、アレルギーを強く起こす人もいるということなのです。

 

特にアトピーの場合は、IgE抗体が増えることだけで起こるとは言い切れない部分もあります。さまざまな刺激、肌の状態、ストレスなどが複雑に絡んでいることもあり、簡単にIgE値が高いからアトピー、低いからアトピーではないとは言い切れないのです。

 

非特異的IgEと特異的IgEについて

非特異的IgEとはアレルギー体質の強度を数値化したものを言います。総IgE、血中IgE、血清総IgEとも言われ、血液中にさまざまな物質に対するIgE抗体がどのぐらいある総合的な数値です。そしてもう一つ、個別に例えばスギ花粉、ヒノキ花粉、小麦粉、そばなど、何にアレルギーがあるか分類して数値を計るのが特異的IgE、またはIgEリストと言います。

 

IgE基準値について

IgE値の基準値は170 IU/mL以下とされており、以下であればアレルギーはないものと判断されます。しかし実際には変化にも個人差もあります。また健康な子どもは成長するとIgEも変わります。特に生まれたばかりの赤ちゃんにはIgE抗体がほとんどなく、生後半年ぐらいから小学生ぐらいまでには成人と変わらない抗体値が出そろいます。

 

1歳未満は総IgE が20( IU/mL)以下、1〜3歳で30( IU/mL)以下、4〜6歳で110(IU/mL)以下、7〜成人で170(U/mL)以下がおよそ平均的な年齢と総IgE値の目安となります。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い