アメリカで入手できる乳酸菌飲料

アメリカでも日本のように乳酸飲料やヨーグルトが豊富に手に入るのでしょうか。日本は腸内環境改善のために乳酸菌商品を求めますが、アメリカでの乳酸菌商品事情も調べてみましょう。

 

乳酸菌飲料というカテゴリーはない

アメリカでは日本のように乳酸菌飲料というカテゴリーはありません。「Probiotic」つまり生菌ということで販売されています。アメリカではもちろんヨーグルトのカテゴリーは、とても豊富に選べる商品がたくさんあります。特にアメリカでは日本より当然多くの人が、たくさんのヨーグルトを消費しています。

 

そのためヨーグルトから乳酸菌を摂取することが普通であり、わざわざ乳酸菌飲料を飲むというイメージはあまりなく、日本人のように愛飲している人は少ないようです。また日本で人気の乳酸飲料のパクリのようなものはアジアンスーパーなどにはあるそうですが、価格も安く味も薄く乳酸菌の摂取量もまったく違います。アメリカでは毎日のヨーグルト摂取量も多くサプリ大国でもあり、乳酸菌飲料はあまり飲む習慣がないようです。

 

アメリカのヨーグルト事情

ではアメリカのヨーグルト事情も少しご紹介しましょう。アメリカではGreek styleのヨーグルトがとても人気があり、一般のヨーグルトより多いほど。Greek styleヨーグルトとは水切りしたヨーグルトのような硬いタイプで、日本人の慣れているヨーグルトからは想像もつかないようなものです。

 

そしてこのGreek styleヨーグルトはプロテインが多く含まれている商品です。日本なら腸内環境ケア目的の摂取がほとんどですが、アメリカでの人気ヨーグルトは良質タンパクを摂って筋肉をつくるための食品として人気があるのです。

 

またアメリカの公立学校の給食に、ギリシャヨーグルトが出されることになりました。ギリシャヨーグルトは高タンパク低カロリーという特徴があり、濃厚でクリーミーな特徴があります。これはアメリカの肥満事情がおおいに関係しているようです。またギリシャヨーグルトはカルシウムも豊富で、公立学校の給食では肉の代わりに出されるようになりました。

 

アメリカで大人気・ガネデン乳酸菌

アメリカで大人気のダイエット乳酸菌が、ガネデン乳酸菌です。アメリカのガネデン社で開発された米国特許乳酸菌です。ボディメイク目的の乳酸菌としてプロテインやシリアルなどに使われていた乳酸菌です。腸内環境を整えるなどの効果は一般の乳酸菌と同じですが、その他にアミノ酸の吸収を助けるという効果があります。

 

上でも記したように、アメリカではヨーグルトは健康だけでなく体づくりに利用する傾向があり、乳酸菌サプリでもダイエットやボディーメイクに使うことが当然になっています。ガネデン乳酸菌も脂肪燃焼効果が高く、アミノ酸の吸収をサポートすることのできる次世代感覚の乳酸菌なのです。アメリカは肥満大国(世界第2位)という背景が、このような乳酸菌を作ったのではないでしょうか。そしてアメリカでは随分前から、ダイエットに効果の高いガネデン乳酸菌が使われているのです。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い