LGG乳酸菌

LGG乳酸菌の正式名称はLactobacillus rhamnosus GGです。1985年に米国タフツ大学のゴルバッハ教授ゴルディン教授によって発見された乳酸菌です。お分かりのとおり教授2人の頭文字のGGを付けた名前となっています。

 

そしてその2年後の1987年にフィンランドのバリオ社によって研究されました。そしてこの乳酸菌の使用は一国に一企業と決められているため、日本ではタカナシ乳業のみ利用契約をしてます。タカナシヨーグルト「おなかへGG!」とドリンクヨーグルト「おなかへGG!」があります。

 

LGG乳酸菌の特徴

LGG乳酸菌

LGG乳酸菌の特徴はやはり胃酸や胆汁酸に強いということがあります。特にそれぞれのヨーグルトに配合されている、メーカーが時間を掛けて研究した、えりすぐりの乳酸菌の特徴として胃酸や胆汁酸に強いことがほとんどです。これはヨーグルトなどで乳酸菌の摂取を期待できるように、各社それぞれ研究所を重ね、優秀な乳酸菌を発表しています。

 

LGG乳酸菌は特に1980年代に二人の学者によって見つかったときには素晴しい発見だったことでしょう。そして酸に強いだけでなく、定着性も高いため腸内で生存期間も長く、しっかり強い乳酸菌として育ってくれるということなのです。乳酸菌を摂取するなら、やはりしっかり定着率の高いものがおすすめです。

 

「おなかへGG!」は日本初の乳酸菌関与食品トクホ取得

LGG乳酸菌は乳酸菌関係の食品で初のトクホ取得商品です。タカナシ乳業がLGG乳酸菌と出会い、研究開発して4年後に日本初の乳酸菌関与商品のトクホ取得して1996年に「おなかへGG!」がLGG乳酸菌を使ったヨーグルトが発表されています。

 

そしてLGG乳酸菌は700件以上の研究成果が世界中から報告されています。これは世界中の乳酸菌の中でも一番研究されているのです。そしてLGG乳酸菌の名前を商品に使えるのは、バリオ社のライセンス契約をしたメーカーの商品だけとなっています。

 

LGG乳酸菌の効果

LGG乳酸菌の効果は腸内の調子を整え、便秘改善効果も高まります。腸内環境が良くなることこそ、すべての健康に関係するとも言われています。このLGG乳酸菌は確実に腸内に届く効果が高く、定着もしっかりするから腸内環境改善効果も。また免疫向上効果や美肌効果、ダイエット効果までさまざまな効果に期待が寄せられているのです。慢性便秘などの人にもしっかり改善していくことが期待できます。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い