KW乳酸菌

KW乳酸菌の正式名はKW3110株です。KW乳酸菌は小岩井乳業が保有していた乳酸菌の中から、キリンが選んだ乳酸菌で両社の共同研究によって発表された乳酸菌です。

ヤクルトノアレ

このKW乳酸菌の乳酸菌サプリにはヤクルトのノアレという商品があり、また小岩井乳業からは小岩井プラズマ乳酸菌ヨーグルトKW乳酸菌プラスが発売されていますが、どちらもアレルギー予防、改善効果に特化した乳酸菌商品です。

 

 

KW乳酸菌の特徴

KW乳酸菌

このKW乳酸菌は酸の耐性が強い性質のため、生きたまま腸内に高い確率で届くことができます。ヨーグルトなどに配合されているさまざまな乳酸菌は、どれも研究によって選ばれた優秀な乳酸菌となっています。そのため酸に強い乳酸菌がさまざま発表されていますが、このKW乳酸菌も酸に強い特徴を持っています。

 

もちろん酸に弱い乳酸菌は胃酸で死滅してしまっても、その残がいは腸内で善玉菌の餌になるという効果はあります。しかしその乳酸菌の本来の働きを発揮させるためには、できるだけ腸内に元気なままで届くことが重要になります。そういう意味でもこのkw乳酸菌は、特性でもあるアレルギー抑制効果が十分に発揮できるのです。

 

KW乳酸菌のアレルギー改善効果

アトピーや花粉症の治療は外部治療が多い中、KW乳酸菌は腸内から免疫細胞を強くし、免疫機能の乱れを予防、改善が期待できます。そしてアレルギーを引き起こすと言われているIgE抗体を減少することが分かっており、それが乳酸菌の中でもアレルギーに特化していると言われる理由なのです。

 

KW乳酸菌の花粉症改善・予防効果

KW乳酸菌を続けて使うことで、花粉症の症状が軽減されるという臨床実験結果も報告されています。特に花粉症の症状は目のかゆみやクシャミ、鼻づまりなどがあります。花粉症はある日突然起こる事が多いと言われていますが、実際には表面に症状が出ていないだけで、体はもうアレルギーと戦っているのです。だからこそ発症する前からKW乳酸菌を摂取しましょう。

 

KW乳酸菌のアトピー性皮膚炎改善・予防効果

アトピー性皮膚炎も免疫機能の乱れが発症に影響していますが、特にIgE抗体の減少だけでなく体質自体を変えることも必要だと言われています。腸内環境を高めることで、体質改善にも高い効果が期待できることからもアトピー性皮膚炎の予防ができます。発症してしまうとなかなか完治まで時間が掛かる疾患なので、発症する前に予防をしたいものです。

 

KW乳酸菌の免疫力アップ

KW乳酸菌には白血球のバランスを整える効果が期待でき、そのため免疫アップにも高い効果が期待できます。血液には酸素や栄養を運ぶ赤血球と、免疫システムを管理する白血球との二種類がありますが、白血球の中でもリンパ球をはじめ、さまざまな免疫細胞は外敵をしっかり見つけて攻撃します。これらは腸内で全体の6〜7割が作られるため、腸内環境によって免疫をコントロールすることになります。そしてKW乳酸菌は、白血球の働きを高める効果が期待できる乳酸菌なのです。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い