L-92乳酸菌

L-92乳酸菌はカルピス社が開発した新しい乳酸菌で、正式名称はラクトバチルス・アシドフィルスL92株と呼ばれています。L-92の配合したヨーグルトも発売されていますが、もう少しこのL-92について詳しくまとめてみましょう。

 

アレルギー改善効果のあるL-92乳酸菌

L-92乳酸菌アレルケア

L-92乳酸菌 アレルケアは免疫のバランスを改善する効果があると言われています。特にアレルギーに関係しているTh1細胞とTh2細胞はとてもバランスが重要であり、Th2細胞にバランスが偏るとアレルギーを起こすと言われています。

 

原因は食生活や生活環境の変化などが、大きく影響しているようですが、この2つはいつもバランスがとれていなければならないものなのです。L-92乳酸菌はTh1細胞を活性化させる効果があることが分かっており、それによってTh2に偏ることを防ぐ働きがあります。

 

L-92乳酸菌のアトピー改善効果

カルピス社研究所の臨床試験において、4歳〜15歳のアトピー性皮膚炎の疾患を持つ子どもたちに8週間L-92乳酸菌を摂取したところ、症状が緩和され薬の摂取量が減ったという結果が出ていますが、なんとこの試験に参加した子どもの90%に効果が見られたとのこと。

アレルケアこども用

L-92乳酸菌の有効例の比率は約「著しく有効であった」10%、「効果があった」70%、「やや有効」10%、「変化なし」10%となっています。皮膚症状の平均減少率は約50%となっています。投薬は平均約20%近く減ったという結果が出ているのです。こども用のぶどう味アレルケアもあります。

 

L-92乳酸菌の通年性アレルギー性鼻炎改善効果

カルピス社研究所の臨床試験において、通年性アレルギー性鼻炎の疾患を持つ患者にL-92乳酸菌を摂取すると、その症状に緩和効果が見られたという結果も出ています。他の乳酸菌と比べても鼻水、鼻づまり、目の痒みの3つの症状はすべて高い改善効果が見られています。

 

L-92乳酸菌の花粉症改善効果

カルピス社研究所の臨床試験において、花粉症患者に一定期間L-92乳酸菌を摂取したところ、目や鼻の痒みの緩和は、はっきりと感じるほどの大きな緩和が見られたとのこと。

 

名医に聞くアレルギー対策

カルピス社と共同でこのL-92を開発された、日本を代表するアレルギーの名医であり、多くのアレルギーに関する著書も出されている名古屋大学名誉教授鳥居先生に聞くアレルギー対策をご紹介しましょう。まず、ボディーシャンプーやシャンプーなどの人口界面活性剤によって皮膚の粘膜を痛め、バリア効果をなくしてしまうことからアレルギーは起こりやすいとのこと。また肌に直接触れる下着などの洗濯に合成洗剤を使ったり、科学繊維を使用したりすることも避けるようにすべきだと言われています。

 

そして食生活を見直すことも重要であって、肉をできるだけ減らし、魚と根菜類が意識的に摂れる和食を勧めています。また1日3食摂ることがアレルギー症状の緩和にはとても重要とのことです。このような生活の見直しをした上で、L-92乳酸菌を摂取することで体のバランスが整い、アレルギーの予防と改善が期待できるとおっしゃっています。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い