L-55乳酸菌

L-55乳酸菌の正式名称はラクトバチルス・アシドフィルス・L-55株です。オハヨー乳業によって、人間の赤ちゃんから発見した人由来の乳酸菌と言われています。オハヨー乳業の保有する乳酸菌であり、オハヨー乳業の商品に含まれているのです。

 

またオハヨー乳業とhanakoの共同開発した生乳ヨーグルトにも含まれています。「セブンイレブンプレミアム・生きて腸まで届く乳酸菌入ブルーベリーのむヨーグルト200g」にも含まれています。

 

生きた状態で腸まで届くL-55乳酸菌

L-55乳酸菌

L-55乳酸菌は他の乳酸菌に比べ胆汁酸や胃酸にとても強く、消化の過程でも死滅せずに腸内まで届くと言われています。もちろんメーカーの研究で発見された乳酸菌は、どれも酸に強い優秀な乳酸菌を使っていると言われていますが、特にその中でも胃を通過し腸内に届くことが期待できるのがL-55乳酸菌です。

 

このL-55乳酸菌は人工胃液混合物や人工腸液混合物を使った耐性試験でもしっかり生きて、この酸の強い中を通り過ぎることができたのです。その酸性度は3〜4phの実験で行って100%無事に腸内まで届く可能性が確認されました。

 

胃の中の酸性度は、食前に濃くなっているので1〜2phとなり、やはりこの状態は避けた方がいいようです。しかし食後には大体4〜5phなので安心して100%腸へ届けることが期待できます。

 

腸管付着性が高いL-55乳酸菌

腸まで元気な状態で届くことがおおいに期待できるL-55乳酸菌ですが、実は一般ヨーグルトに使用されているブルガリア菌やサーモフィラス菌より腸管付着性が高いことが分かっています。つまり腸内に届いてからも、しっかり腸内に定着する力が強いということなのです。

 

動物性の乳酸菌より植物性の乳酸菌の方が、腸管付着性は強いと言われていますが、動物性の乳酸菌の中でもL-55乳酸菌のようにしっかり定着してくれる乳酸菌もあるのです。

 

L-55乳酸菌のアレルギー緩和効果

動物実験においても、花粉症モデルマウスにL-55を与えた結果、クシャミや鼻水の頻度が抗アレルギー剤を使ったタイプと比べ、同等効果があったことが認められたのです。逆に抗アレルギー剤の使用マウスより経過はいいという結果も出ています。またアトピー性皮膚炎のマウス実験でも同じような結果が出ているとのことです。

 

わたしたちの体にはアレルゲンに対して抗体ができ侵入を防ぎます。しかしこの抗体には5つのタイプがあり、その中の1つであるIgE抗体はアレルギー反応を起こす原因となってしまうものなのです。アレルギー症状を改善、予防するためにも、このIgE抗体の量を減らすことが重要となります。そしてIgE抗体を減らす期待ができるのが、このL-55乳酸菌なのです。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
HKL-137乳酸菌
KW乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い