HKL-137乳酸菌

L-137乳酸菌はラクトバチラス・プランタラムL-137が正式名となります。ハウス食品の長期研究によって、魚とお米を使った発酵食品でもある「なれずし」から発見されたものです。日本の寿司のルーツとも言われている「なれずし」は乳酸菌豊かな食品だったのです。

ハウスラクトプランL-137

そこからハウスが乳酸菌L-137を発見し、強く作り上げられた乳酸菌がHK L-137乳酸菌であり、「ラクトプランL-137」サプリとして発売されています。ハウス渾身の自信作ということになりそうです。

 

HK L-137の効果

乳酸菌というとはやりお腹の調子を整え、便秘を予防するというイメージがあります。そしてこのHK L-137にはそれらの効果だけでなく、それ以上に優秀な乳酸菌に作り上げられたHK L-137乳酸菌は、免疫力を高める効果も十分期待できるのです。

 

また人による臨床実験において78名に、このHK L-137を摂取した人と摂取しない人に分けて風邪の発症を調べた報告もあります。それによると摂取週間が4週間では特に風邪の発症に変化はなく、摂取8週間後には発症率が約50%ダウンし、12週間後にもまた少しダウンしていたのです。つまり1カ月程度の摂取では効果は出ず、2カ月ほど摂取をすると極端に効果が高まることが分かったのです。

 

また風邪にかかった人の調査では、風邪薬を飲んだ日数も平均で50%減りました。この場合は特に1カ月以上摂取した人に高い効果が出ていることも分かったのです。つまり風邪をひいてもひどくならないという効果があることも、臨床実験の結果でも明らかになりました。

 

L-137乳酸菌とNK L-137乳酸菌の関係

乳酸菌はどうしても熱や酸に弱く、どうしても小腸まで届かないうちに効果が下がってしまいます。せっかく素晴しい力を持っているL-137乳酸菌にもそんな厚い壁がありましたが、加熱処理を加えたことで保存しやすく、熱にも消化液にも負けない乳酸菌を作り出すことができたのです。そして出来上がった乳酸菌がNK L-137乳酸菌ということになります。HK L-137乳酸菌は小腸で免疫細胞に出会うまで、L-137乳酸菌の特徴とも言える免疫細胞を活発にする効果を保つことができるのです。そのため本来のL-137乳酸菌の力を落とすことなく、そのまま発揮することができるようになりました。

 

HK L-137乳酸菌は小腸で活躍する

HK L-137乳酸菌は特に免疫細胞に大きく影響を与えるため、小腸が活動の場となります。腸内は免疫器官とも言われているほどたくさんの免疫細胞が集まっており、HK L-137乳酸菌は小腸の免疫組織に取り込まれることで免疫細胞の活性促進をしていきます。だからこそ、このHK L-137は小腸の中までしっかり届くように加工されているのです。

 

こんな時にはHK L-137をやはりわたしたちは、一生ずっと同じ免疫力を保つことはできません。そのため免疫低下したときには癌などにも勝てない体になってしまいます。そのような状態にならないためにも免疫低下を感じたら、HK L-137を摂取するチャンスです。是非免疫が低下したと思ったら、摂取することを考えてみましょう。

 

特に若い人より年齢が高くなるほど免疫力の低下の改善も遅くなります。そのため特に中高年には特に欠かせない栄養素なのではないでしょうか。そこで風邪を引きやすくなったり便秘がなかなか治らない、疲れが取れにくい、ヘルペスや口内炎が起こりやすいなどを感じたら、免疫が低下しているというサインだと考えましょう。

乳酸菌サプリ比較ページへ

関連ページ

1073r1乳酸菌
bb536乳酸菌
EF乳酸菌とETF-2001
KW乳酸菌
L-55乳酸菌
L-92乳酸菌
LG21乳酸菌
LGG乳酸菌
MG28乳酸菌
N-1乳酸菌
NS乳酸菌
R-1乳酸菌
SN-26乳酸菌
乳酸菌EC−12
乳酸菌LS1
乳酸菌花粉症
乳酸菌サプリとアトピー
乳酸菌サプリと便秘
乳酸菌シロタ株
乳酸菌食品
乳酸菌生成エキス ラクティス
乳酸菌効果
乳酸菌とピロリ菌
殺菌乳酸菌
ナノ型乳酸菌
プロテクト乳酸菌
プラズマ乳酸菌
植物性乳酸菌
有胞子乳酸菌
クレモリス菌FC株
コッカス菌
ビフィズス菌
ブルガリア菌
ヤクルト菌
ラブレ菌
R-1乳酸菌サプリ
カルピス乳酸菌サプリ
ビオフェルミン
ビフィーナ
ファンケル乳酸菌サプリ
明治乳酸菌サプリ
ヤクルト乳酸菌
酵素&乳酸菌サプリ
腸内細菌とアンチエイジング
腸内細菌を整えると花粉症の症状が軽減
アレルギーIgE数値
乳酸菌PA-3株がプリン体に直接作用
乳酸菌と乳酸の違いって?
乳酸菌死菌体の整腸作用
乳酸菌の植物性と動物性の違いは
乳酸菌の単位と数え方について
腸まで届く乳酸菌のその後は?
乳酸菌は生きていなければ意味がないのでしょうか?
乳酸菌の腐敗について
砂糖と乳酸菌とビフィズス菌
アメリカで入手できる乳酸菌飲料
乳酸菌とビフィズス菌の違いについて
プロビオヨーグルトとビヒダスヨーグルトの違い