乳酸菌サプリ

さてそんな乳酸菌を摂取したくても、ヨーグルトを毎日食べるのはなかなか続かないという人や、発酵食品をたくさん取りたいけど塩分の取りすぎを考えると……という人もいるのではないでしょうか。そんな人にも是非おすすめなのが乳酸菌サプリなのです。食べ物からはなかなか摂りにくい質の高い乳酸菌を、間違いなく摂取できるため腸内環境を高めるためには是非おすすめです。

森下仁丹
ヘルスエイド
ビフィーナS
成分含有量
摂取目安/日
価格/日
他の栄養素
森下仁丹ヘルスエイドビフィーナS

機能性表示食品
マル
ビフィズス菌
50億個
二重マル
1包
マル
約129円税込
二重マル
オリゴ糖
0.3g
ビフィズス菌が生きたまま腸まで届く、腸内フローラを良好にし、通便を改善

商品詳細ページへ

久光製薬
乳酸菌
(EC-12)
成分含有量
摂取目安/日
価格/日
他の栄養素
久光製薬の乳酸菌EC12
マル
フェカリス菌
1兆個
二重マル
1包か4粒
マル
約90円+税
バツ
胃酸に負けないEC-12 久光製薬独自の技術で1兆個の乳酸菌を腸まで届く

商品詳細ページへ

ライオン
ラクトフェリンラブレ
成分含有量
摂取目安/日
価格/日
他の栄養素
ライオンラクトフェリンラブレ
マル
ラブレ菌
180億個
マル
3粒
マル
約195円+税
二重マル
ラクトフェリン
300mg
ラクトフェリンに植物性乳酸菌のラブレ菌をプラス

商品詳細ページへ

フジッコ
善玉菌のチカラ
成分含有量
摂取目安/日
価格/日
他の栄養素
フジッコ 善玉菌のチカラ
マル
クレモリス菌
20億個
二重マル
1粒
二重マル
約69円+税
二重マル
カルシウム
70mg
ねばり強い乳酸菌で生きて腸まで届く、カスピ海ヨーグルトの乳酸菌を凝縮。

商品詳細ページへ

カゴメラブレ
成分含有量
摂取目安/日
価格/日
他の栄養素
カゴメラブレ
マル
ラブレ菌
100億個
二重マル
1粒
マル
約125円+税
バツ
日本人と相性の良い植物性乳酸菌「ラブレ」

商品詳細ページへ

※成分含有量は、1日分として換算しています。
※1日当たりの価格は、定期申込みなどで最安値価格を1円単位四捨五入での表記です。

 

乳酸菌にはヨーグルトなど乳製品に含まれる動物性のものと、野菜などの発酵したものに含まれる植物性との2種類があり、そのなかには何百という乳酸菌の種類があると言われています。それを毎日摂取することが腸内環境の状態を保つことになり、健康全体を守ることになるのです。

 

乳酸菌は腸内環境を整えるためには欠かせません。しかし実際には乳酸菌が足りている人は意外と少なく、乳酸菌不足で腸内環境が悪くなっている人も多いのではないでしょうか。例えば便秘がちな人は、理由はさまざまですが腸内環境が良くないことに違いないのです。だからこそ腸内をしっかり守ってくれる乳酸菌の摂取は絶対に欠かせません。

 

特に最近、睡眠障害やうつ病などセロトニンが不足して起こるさまざまな精神疾患も、それをコントロールしているのは脳ではなく、実は腸内細菌であったということも解明されています。このように研究が進むとすべての健康を司っているのは、腸内環境と善玉菌だと言っても過言ではないのです。その善玉菌の代表格が乳酸菌。質の高い乳酸菌を確実に摂取するなら、サプリから摂取することも考えてみてはいかがでしょう。

乳酸菌サプリ|サプリメント処方箋記事一覧

1073r1の正式名称はLactobacillus bulgaricus OLL1073R-1。乳酸菌1073株は明治の研究によって開発された乳酸菌です。免疫力を高めインフルエンザや風邪から体を守るヨ...

bb536乳酸菌は1969年に森永乳業が開発した、とても優秀な乳酸菌の1つです。発見されてから多くの乳製品に配合されてきました。森永乳業の「ビヒダス536」シリーズに配合されている乳酸菌としても人気が...

EF乳酸菌は1906年にイギリスで発見された乳酸球菌の一種であるエンテロコッカス・フェカリス菌が正式名称です。乳酸菌にもさまざまなタイプがあり棒状のものと球状のものがありますが、特に棒状のタイプが使わ...

L-137乳酸菌はラクトバチラス・プランタラムL-137が正式名となります。ハウス食品の長期研究によって、魚とお米を使った発酵食品でもある「なれずし」から発見されたものです。日本の寿司のルーツとも言わ...

KW乳酸菌の正式名はKW3110株です。KW乳酸菌は小岩井乳業が保有していた乳酸菌の中から、キリンが選んだ乳酸菌で両社の共同研究によって発表された乳酸菌です。このKW乳酸菌の乳酸菌サプリにはヤクルトの...

L-55乳酸菌の正式名称はラクトバチルス・アシドフィルス・L-55株です。オハヨー乳業によって、人間の赤ちゃんから発見した人由来の乳酸菌と言われています。オハヨー乳業の保有する乳酸菌であり、オハヨー乳...

L-92乳酸菌はカルピス社が開発した新しい乳酸菌で、正式名称はラクトバチルス・アシドフィルスL92株と呼ばれています。L-92の配合したヨーグルトも発売されていますが、もう少しこのL-92について詳し...

LG21乳酸菌は明治が保有している、約2500種類以上の乳酸菌の中から発見された優秀な乳酸菌の1つです。東海大学医学部の古賀教授の研究グループと明治乳業、わかもと製薬の協力で製品開発されたものです。ラ...

LGG乳酸菌の正式名称はLactobacillus rhamnosus GGです。1985年に米国タフツ大学のゴルバッハ教授ゴルディン教授によって発見された乳酸菌です。お分かりのとおり教授2人の頭文字...

MG28乳酸菌の正式名はLactbacillus GasseriMG2809株乳酸菌と言われていますが、MGの「M」は明治が発見した独自の乳酸菌のために明治の「M」とのことです。また「G」はLactb...

信州大学名誉教授・細野明義教授と社会法人全国農協乳業協会の共同研究で培養されたプロバイオティクス乳酸菌N-1乳酸菌です。代表的な商品としては蒜山酪農農業協同組合による「蒜山ジャージーヨーグルト」や九州...

NS乳酸菌はモンゴルの蒙古高原の漬け物や発酵馬乳から分離させて、生物的特性を確定してものです。一般の乳酸菌のように培地での培養を繰り返すということは必要ないとのこと。糖類、タンパク質、繊維などに対して...

乳酸菌の種類はわたしたち人類が発見しているものだけでも、相当な数があると言われています。その中のR-1乳酸菌は正式名称ラクトバチルス・ブルガリクスというものですが、R-1の効果など細かい部分をもう少し...

SN-26乳酸菌とはどのような乳酸菌なのか、そしてどのような効果が期待できる乳酸菌なのか。3月19日の「世界不思議発見」でも紹介された、長野のすんき漬けから発見されたと言われているSN-26乳酸菌につ...

エンテ・ロコッカス・フェカリス菌が正式名称の乳酸菌EC-12ですが、フェカリス菌にはEC-12株やFK-23株、EF-621株、EF-2001株などの種類があります。菌株の違いはそれぞれのメーカーによ...

正式名Lactobacillus salivarius TI2711の乳酸菌LS1は、東海大学医学部感染症研究室の古賀泰裕教授とそのグループによる研究によって、健康な人の口腔内から発見された乳酸菌です...

乳酸菌によって花粉症が改善され、予防もできると言われています。その理由をしっかり知ることで、花粉症対策に乳酸菌が重要であることが納得できるのではないでしょうか。まず花粉症になるメカニズムを考えながら乳...

アトピーもアレルギー疾患の代表的なものと言えますが、ひどくなると本当に痒みや傷みで苦しいと言われています。そんなアトピーの予防や改善にも乳酸菌サプリはとても効果が期待されているのです。アトピー性皮膚炎...

乳酸菌サプリは便秘解消効果も高いと言われています。宿便を無くしたい人、お腹がぽっこりしてしまう人、ガスが溜まってしまう人、残便感がある人など便秘で悩む人こそ乳酸菌サプリがおすすめです。さて、乳酸菌サプ...

乳酸菌シロタ株は正式名ラクトバチルス・カゼイ シロタ株(YIT 9029)、別名ヤクルト菌とも言われています。現在の京都大学で微生物研究を行っていた医学博士・代田稔氏によって1930年に胃酸や胆汁に強...

乳酸菌をしっかり摂ると腸内環境を良くするということは、多くの人に認知されていることです。また腸内環境が健康のすべてをコントロールしていると言っても過言でないほど、重要であることも最近知られるようになり...

乳酸菌生成エキスとは乳酸菌を増やすエキスのことを言います。このラクティスは乳酸菌の増える環境をつくるもので、日本抗酸化B&Sコーポレーションから発売されています。最近は腸内環境がとても重要だと言われる...

細菌は腸内環境や腸内フローラが、健康のためにとても重要だと言われるようになりました。腸内環境を整えるのは、単に便秘予防ぐらいにしか思っていなかった人も多いのではないでしょうか。しかし、いまやほとんどの...

乳酸菌は胃酸に弱いため、胃の中に生息しているピロリ菌を減少させる乳酸菌など、あり得ないと思われていた時代もありました。しかし実際に明治から発売されたヨーグルト「LG21」によって、ピロリ菌を減少させる...

殺菌乳酸菌とは言葉のとおり加熱殺菌した乳酸菌のことを指します。乳酸菌市場規模はなんと5000億円とされていますが、多くは生の乳酸菌を使ったものでした。しかし最近では殺菌乳酸菌の高い免疫効果が認められ、...

ナノ型乳酸菌とはその言葉のとおり、粒子の直径が1ミクロン以下の超微粒子である乳酸菌で、水に溶かすとバラバラになるように加工された殺菌乳酸菌の総称を言います。加熱加工による死菌のため腸内まで、それ以上の...

ラクトバチルス・ペントーサス・S-PT84株が正式名で、サントリーの研究によって発見された乳酸菌です。温度の変化が激しく、塩分の強い悪環境の中でも生き抜くことのできる強い乳酸菌を、京都の名産でもあるし...

最近注目されていることでも知られているのがプラズマ乳酸菌ですが、実はこれはラクトコッカス菌属乳酸菌のことを言うのです。どのような効果があるのか、またなぜそんなネーミングになったのかなそを考えてみましょ...

乳酸菌には動物性と植物性があることはご存じでしょうか。乳酸菌というネーミングから牛やヤギ、人間など哺乳類のお乳に入っていると思っている人も多いのではないでしょうか。しかし乳酸菌の中にはもちろん乳糖を栄...

有胞子乳酸菌とは胞子を形成する乳酸菌のことであり、とても強い乳酸菌の1つです。健康いきいき倶楽部から発売されている「乳酸革命」サプリや、三菱化学フーズによる「ラクリス-S」サプリなどに使われている乳酸...

クレモリス菌FC株とは多くの人が知っている、あのカスピ海ヨーグルトに使われている乳酸菌です。コーカサス地方から家森幸男博士が研究のために持ち帰り、粘りけのある変ったヨーグルトということで自宅で作り友達...

乳酸菌には大きく分けて6つの属性に分れます。しかしその多くがコッカス菌に属しているものです。さて、コッカス菌にもいくつかの代表的な種類があるので種類別にご紹介しましょう。コッカス菌はさまざまなメーカー...

ビフィズス菌ビフィズス菌は、腸内の善玉菌であることはご存じと思います。また乳酸菌も同じく善玉菌であることもご存じでしょう。ではビフィズス菌はどのようなものなのか、乳酸菌との違いは? ビフィズス菌と乳酸...

正式名lactic acid bacteriaという乳酸菌の一種で、ブルガリアヨーグルトのネーミングから多くの人がこの乳酸菌の名前を知っているのではないでしょうか。ブルガリア菌の特徴や効果などをご紹介...

ヤクルト菌とは正式名称は「LCS」「ラクトバチルスカゼイ・シロタ株」「乳酸菌シロタ株」とも言われています。人由来の乳酸菌で、強い乳酸菌となるために乳酸幹菌を培養して作られました。医学博士である代田稔博...

ラブレ菌の正式名はラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランスとなっています。ラブレ菌は京都の漬け物である「すぐき漬け」から発見された植物性の乳酸菌ですが、植物性乳酸菌独自の特徴を持った優...

R-1乳酸菌というと、明治から発売されているヨーグルト「R-1」がよく知られています。特に免疫力の向上効果が期待できる乳酸菌として、インフルエンザや風邪をひきやすい人にもおすすめです。そんなR-1乳酸...

カルピスというとやっぱり乳酸菌の専門メーカーというイメージがありますが、さすがにカルピスで研究された乳酸菌サプリにはL-92乳酸菌配合の「アレルケア」、そして枯れ草菌C-3102株配合「枯れ草菌」など...

ビオフェルミンというと日本人は昔からおなじみのある、お腹に良いお薬というイメージではないでしょうか。サプリという言葉がまだ日本ではあまり使われていなかったときからあるビオフェルミンは、日本で根付いた乳...

ビフィーナは、あの仁丹で有名な森下仁丹から発売されているビフィズス菌(ロンガム種)の乳酸菌サプリです。どのような特徴があるのか、どのような効果があるのかなどさまざまな面から調べてみましょう。◇ビフィー...

ファンケルの乳酸菌サプリは「ナチュラビオ」です。ファンケルというとさまざまなサプリを販売していますが、その中で選ばれた乳酸菌を使った「ナチュラビオ」は期待のできる乳酸菌サプリと言えそうです。◇ナチュラ...

LG21、R-1、明治ブルガリア、PA-3などの人気ヨーグルトを手掛けてきた明治が、乳酸菌の研究を積み重ねた結果、プロバイオティクスから作り出した乳酸菌サプリメントが、強く生きる人の乳酸菌「MG28」...

ヤクルトは乳酸菌のプロフェッショナルというイメージがありますが、そのヤクルトから出ている乳酸菌サプリの「ノアレ」について考えていきましょう。◇ノアレについてノアレはヤクルトから出されている、KW乳酸菌...

酵素サプリというと美容のためのサプリで、乳酸サプリというと健康のためのサプリというイメージがあるのではないでしょうか。しかしどちらの成分も、もともと体にある成分で補給することは健康と健康につながるので...

腸内細菌はアンチエイジングにも効果が期待出来ると言われています。どのようなメカニズムによってアンチエイジング効果があるのでしょう。腸内環境によってさまざまな若返り効果が期待できそうです。便秘改善と若返...

腸内細菌を整えることによって、花粉症の症状が軽減されると言われています。どのようなメカニズムによって花粉症の軽減や予防ができるのか。花粉症の原因や症状、腸内環境と花粉症の関係などを考えてみましょう。花...

アレルギーはIgE抗体が作られ、それがどんどん増えてしまい、あるラインを超えてしまうとアレルギーが発症します。アレルギーに大いに関係しているIgE抗体数値についてもう少し考えてみましょう。アレルギーと...

乳酸菌PA-3株は明治乳業独自の研究の中で選び抜かれた、プリン体と戦う乳酸菌としても知られています。明治プロビオヨーグルトPA-3として商品化されています。この乳酸菌PA-3株がプリン体にどのように作...

乳酸菌と乳酸の違いとはどのようなものでしょう。乳酸菌の代謝物が乳酸ではないのか。また体に乳酸が溜まると疲れや筋肉痛の原因になるとも言われています。この辺の関係などいろいろ考えてみましょう。乳酸菌と乳酸...

最近は乳酸菌死菌に注目が集まるようになってきています。「生きたまま腸内に届く」を大切にした商品もたくさんありますが、乳酸菌は死菌でも腸内環境によい影響を与えるということが解明されています。乳酸菌の生菌...

乳酸菌には植物性乳酸菌と動物性乳酸菌があります。さて、どのような違いがあるのでしょう。それを知っておくことで、自分の目的にあった摂取ができるのではないでしょうか。植物性乳酸菌と動物生乳酸菌の違いまずこ...

乳酸菌食品などの記載を見ると「何十億個」なんて書いてあるものがあります。どうやって乳酸菌を数えるのでしょう。ただ「多いんだな〜」と思っているだけでは、しっかりした選択はできないのではないでしょうか。そ...

乳酸菌食品などの記載を見ると「何十億個」なんて書いてあるものがあります。どうやって乳酸菌を数えるのでしょう。ただ「多いんだな〜」と思っているだけでは、しっかりした選択はできないのではないでしょうか。そ...

乳酸菌は腸内まで生きて届かなければ意味がないのでしょうか。また腸内でも生きていなければ効果はないのでしょうか。生きた乳酸菌の効果や死滅した乳酸菌の働きなどを考えてみましょう・。生きた乳酸菌と死滅した乳...

乳酸菌が腐敗すると、どのようになるのでしょう。今回は乳酸菌の腐敗について考えてみたいと思います。発酵と腐敗の違い乳酸菌の腐敗を考えるときに、まず発酵と腐敗の違いを考えたいと思います。まず発酵も腐敗も細...

乳酸菌と糖とビフィズス菌の関係はどのようなものなのでしょう。ここでは特に砂糖の仲間であるオリゴ糖と乳酸菌、ビフィズス菌の関係なども考えてみましょう。砂糖と乳酸菌とビフィズス菌砂糖は小腸で分解されてエネ...

アメリカでも日本のように乳酸飲料やヨーグルトが豊富に手に入るのでしょうか。日本は腸内環境改善のために乳酸菌商品を求めますが、アメリカでの乳酸菌商品事情も調べてみましょう。乳酸菌飲料というカテゴリーはな...

乳酸菌とビフィズス菌は同じように、ヨーグルトなどにも使われているのでイコールと思っている人も多いのではないでしょうか。書物などでも乳酸菌とビフィズス菌をひとまとめにして乳酸菌と書かれているものもありま...

ヨーグルトにはそれぞれのメーカーが研究した優秀な乳酸菌やビフィズス菌を利用しています。特にプロビオヨーグルトシリーズやビヒダスヨーグルトは人気が高いと言えそうです。プロビオヨーグルトシリーズやビヒダス...