ノコギリヤシと亜鉛

ノコギリヤシを摂取するときには亜鉛をプラスすると良いと言われています。ノコギリヤシのサプリの中には亜鉛をプラスしたものも出ていますが、どのような効果があるのでしょう。亜鉛とはどのような作用があり、並行して摂取することでどのような相乗効果があるのかなど考えてみましょう。

 

亜鉛について

ノコギリヤシと亜鉛で相乗効果ばっちり

亜鉛というと最近よく耳にするのが、妊活の話題ではないでしょうか。亜鉛は生きる上で絶対に必要なミネラルの1つであり、自分で生成することができないので摂取するしかありません。特にタンパク質の核酸の代謝に欠かせないミネラルなのです。

 

そのため妊娠中の女性だけでなく、妊活中のカップルが精子、卵子を正常なかたちで産生するためにも不足しないようにしたい成分なのです。また亜鉛は代謝に関する200以上の酵素の構成にも必要な成分であり、細胞分裂にも深くかかわっています。血液、皮膚、骨、腎臓、肝臓、脳、毛髪などの細胞内に亜鉛の95%が含まれています。

 

そのためホルモンの合成にも無くてはならないミネラルであり、また頭皮や肌のターンオーバーや、毛髪の生れ変わりを早めたり毛髪の成長にも欠かせなません。他にもインスリン分泌の調整により、血糖値コを正常に保つためのコントロールをしているため、不足すると糖尿病のリスクも高まります。また血圧降下作用によって生活習慣病の予防にもかかわっています。

 

亜鉛の1日摂取量

亜鉛は1日の摂取推奨量は10mg〜15mgと言われています。特に牡蠣やレバーに多く含まれていますが、他にもホタテ、カニ、豚肉、玄米、納豆、卵などが多く含まれています。なかなか食品から思うように摂れない人は、サプリからも気軽に摂取できます。

 

ストレス、アルコール分解、汗をかく、などによってどんどん消費され、またインスタント食品は亜鉛を排出してしまうフィチン酸などの添加物が入っています。そのため現代人には不足しがちなミネラルとも言われているのです。

 

亜鉛とノコギリヤシで副作用はあるのか

特に副作用はありませんがどちらも過度に摂取すると、めまいや吐き気などが起こることがあります。

 

ノコギリヤシとの相互効果

髪の毛のほとんどがタンパク質でできていますが、亜鉛が不足しているとタンパク質が十分あっても毛髪は作られません。つまり毛髪をつくる成分として亜鉛は無くてはならない成分なのです。その上、亜鉛もノコギリヤシも男性ホルモン・テストステロンを毛髪生成の抑制をするホルモンに変化させてしまう、5αリダクターゼを抑制する効果があります。亜鉛とノコギリヤシの相乗効果によってよりお互いの効果を高めることができることからも、同時摂取が良いとされているのです。また亜鉛とビタミンB6によって5αリダクターゼ抑制効果が高まるため、ノコギリヤシにプラスするとより効果が高くなるのではないでしょうか。

 

ノコギリヤシサプリ比較ページへ