ノコギリヤシの摂取量について

ノコギリヤシの副作用はあまり心配ないとも言われていますが、もちろん摂取量が適量よりずっと多い場合は、どんな成分でも副作用も起こしてしまいます。ノコギリヤシの1日の摂取量や、タイミング、組み合わせなどを考えてみましょう。

 

ノコギリヤシの1日の必要摂取量

ノコギリヤシの1日の摂取量は320mg

ノコギリヤシの1日の必要摂取量は大体200mg〜300mgと言われていますが、日本国内の理想的摂取量は320mgとなっています。サプリなどの場合はそのサプリの含有量によっても違うので、それぞれのサプリの用量を守るようにしましょう。

 

もちろん薬ではないので副作用も強くないと言われてはいるものの、やはり気楽に摂取量を無視した飲み方は危険だと考えましょう。特にノコギリヤシはホルモンに作用するため体調を崩すことも考えられます。

 

また、海外のサプリ1錠に500mgの含有量のものもありますが、体のサイズや体質も違うので日本のサプリの方がおすすめです。どうしても海外のものを摂取する場合は1錠500mgのものなら錠剤を半分に切って摂取するなど工夫するようにしましょう。

 

ノコギリヤシと相性の良い栄養素

ノコギリヤシと相性が良いといわれているのが亜鉛です。亜鉛は食品からでもサプリでも意識的に摂取するといいでしょう。亜鉛の1日の目安は15mgとなっています。そのためこちらも摂取し過ぎないように上手に摂ることが大切です。どんな素晴しい成分でも用量を守らなければ毒にだってなるのです。その辺のことをきちんと考えて摂取しましょう。

 

ノコギリヤシ摂取のタイミング

ノコギリヤシサプリを摂取するとき、最も効果が期待できる摂取のタイミングは朝と夜に分けて飲むことです。1日2錠摂取のサプリなら朝と夜に1錠ずつ飲みます。朝は食事1時間前に飲むのがベストなので、少し早起きして起きたらすぐに飲むようにするといいでしょう。もし1日1錠のサプリなら夜1回がおすすめです。

 

夜、睡眠中にはホルモン分泌が最大に活発になり、代謝も最高に高まるときです。このときこそノコギリヤシの吸収率も高くなります。そこで吸収を最大にするためには夕食の1時間ほど前に摂取することがベストです。特に薄毛予防や改善のために摂取するならこのタイミングがベストです。

 

そしてもし前立腺肥大などで頻尿などのトラブルを抱えている場合は、就眠直前に摂取すると頻尿の改善が期待され、それによってぐっすり眠れるようになります。このように摂取する目的によってもちょっとタイミングは変ります。夕食が外食の場合で薄毛改善目的なら、出先にサプリを持っていき食事前1時程度のタイミングに飲むようにします。

ノコギリヤシサプリ比較ページへ