ノコギリヤシの副作用

ノコギリヤシは薄毛予防・改善や前立腺肥大予防・改善などに効果がありますが、副作用はとても少ないと言われています。しかしまったく副作用があるとすると、どのような副作用があるのでしょう。

 

医薬品との飲み合わせに注意

副作用は少ないと言われているノコギリヤシですが、医薬品との飲み合わせには注意しなければなりません。まず抗血液凝固薬や抗血小板薬を飲んでいる場合は避けるべきでしょう。ノコギリヤシとの併用で、出血が高まることがあります。また経口避妊薬やホルモン療法を行っている場合は、治療効果が無になる可能性があります。

 

他に飲まない方がいい人

ノコギリヤシを過剰摂取すれば当然過剰摂取症が起こります。つまり用量を守れない人は飲まない方がいいということになります。特に老人で飲んだことが分からなくなる場合、管理する人がいなければ飲ませることはお勧めできません。また妊娠中や授乳中は避けるようにしましょう。特に男の胎児、男子乳児にはホルモン失調をもたらすことになるので、絶対に避けるようにしなければなりません。

 

主な効果と主な副作用

主な効果は前立腺肥大症による頻尿や残尿感、尿失禁などの排尿障害が軽減される効果。そしてジヒドロテストステロンの生成にかかわる5αリダクターゼという酵素の抑制効果があり、そのためAGA(あるいは女性のFAGA)の改善も期待されています。イギリス、ドイツ、フランスなどでは前立腺肥大の治療用医薬品として使われています。

 

ノコギリヤシの副作用

そして主な副作用は頭痛、吐き気、便秘、下痢、眠気、腹痛、性欲減退などがあると言われていますが、これは過剰摂取をした場合に起こることもあるようです。しかしもともと天然の果実エキスなので、強い副作用はないと言われており、用量を守れば問題ないと言われています。日本では医薬品扱いではなく食品扱いとなっており、いろいろなメーカーから栄養補助食品というかたちで発売されています。そのようなことから見ても、薬のような副作用はないと言えるでしょう。

 

性欲が薄れる理由

大量に摂取したときに現われる可能性として、性欲が薄れるということがあります。これは男性ホルモンの効力が薄れる作用があるため、どうしても人によっては過剰摂取によって性欲が少し落ちるということがあるようです。

 

しかしあくまでの適量摂取であれば問題ないと言われており、もしこのような副作用が出た場合でも服用をやめれば治ります。一応どのような副作用があるかだけ知っておきましょう。どのように良いといわれる成分でも効果を早くはっきり出したいという気持ちから、用量よりオーバーして摂取する人がいますが、どんなに良いとわれるものでも用量を守れなければ副作用を招くだけです。サプリそれぞれの用量をしっかり守るように心掛けましょう。

ノコギリヤシサプリ比較ページへ