ノコギリヤシ 女性への効果

ノコギリヤシは前立腺肥大などによる頻尿改善や、薄毛予防のための男性用サプリが多い中、最近では薄毛に悩む女性にも効果があることから女性用サプリも増えています。では女性がノコギリヤシを摂取するときの注意などもまとめてみましょう。

 

女性への効果

ノコギリヤシは女性の髪にも効果あり

頻尿は女性も更年期を過ぎると起こるようになります。しかし、ノコギリヤシが男性の頻尿を改善するのは、あくまでも前立腺肥大などの改善によるもので、女性にはもともと前立腺がないので頻尿改善は関係ありません。しかし抜け毛は女性にも男性型脱毛症の人が増えているため、男性型脱毛症による脱毛に限って効果が期待されています。

 

 

女性が摂取する場合の注意点

ただし女性であってもホルモンのバランスを崩すことが考えられるため、妊娠中や授乳中は避けるようにしましょう。そしてもちろん乳児や胎児への影響も考えなければなりません。特に乳児や胎児が男の子の場合は、成長に影響が出る可能性があると言われています。

 

また女性の場合、経口避妊薬などを使用することもあります。またホルモン分泌を調整するためのホルモン治療などを行うこともあり、このようなときにノコギリヤシを使用しても、効果が出なかったりホルモンバランスが乱れる原因となります。

 

また希にひげが生えたり、体毛が濃くなるようなこともあると言われています。しかしこれは剰摂取の副作用と言われているもので、すぐに摂取をやめれば戻ります。また男性用では強すぎることもあるので、女性用のものを摂取するようにしましょう。

 

男性型脱毛症のメカニズム

特にノコギリヤシが効果を発揮すると言われているのが、女性の男性型脱毛症です。男性ホルモンが影響している脱毛症ですが女性にも起こります。女性の男性型脱毛症は男性のAGAに対してFAGAと呼ばれています。

 

AGAは血中の男性ホルモンであるテストステロンが毛乳頭に入り込むと、5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンに変化します。そしてジヒドロテストステロンが毛母細胞に入って、毛母細胞の細胞分裂を抑制してしまいます。それが毛髪の成長を止めてしまうメカニズムです。

 

女性でも起こる男性性脱毛症

ここで男性ホルモンの変性が原因と言われている男性型脱毛症は、女性には関係ないように感じるのではないでしょうか。しかし女性の体内にも男性ホルモンは存在しているのです。テストステロンからジヒドロテストステロンが生成され、男性と同じメカニズムが起こると言われています。

 

またテストステロンが脱毛に影響する作用とは逆に、女性ホルモンのエストロゲンは育毛効果があります。若いうちはエストロゲンがたっぷりあるためFAGAにはなりにくいのです。しかし最近は更年期が早くくるような女性も多く、30代から女性ホルモンが急激に減りだし、FAGAが始る女性も多くなっています。

 

また50代過ぎの更年期を正常に迎えた女性にも、もちろんエストロゲンが減り出すと、FAGAが始る女性が増えてきます。しかしAGAとFAGAはまったく同じではありません。症状の特徴として男性のAGAの場合は、頭頂部や生え際前頭部などが部分的に集中的に薄くなるという特徴がありますが、FAGAの場合は毛髪が細く弱くなり全体に脱毛が起こり、全体的に薄くなっていきます。

 

そしてAGAは進行していきますが、FAGAの場合は少量でも女性ホルモンの分泌は行われているので、ある程度の症状で進行は緩やかになってきます。このようなFAFAにノコギリヤシの効果が期待されているわけです。実際に女性用サプリやシャンプーなども出ています。

ノコギリヤシサプリ比較ページへ