サプリメントの吸収率と吸収時間

サプリメントを摂取するときに気になることは効果、そして吸収率や吸収時間です。吸収率や吸収時間についてあまり情報がないことも気になるところではないでしょうか。
サプリメントの吸収率と吸収時間

サプリメントの吸収率について

サプリメントにはさまざまなものがあり、細かく言うとその種類によっても吸収率は違い、また形状によっても違うと言われています。サプリメントに「○○が○mgも入っています」という表示があっても、その表示どおり○○mgそのまま摂取できるとは限らないということになります。

 

また吸収率に関しては種類によっても違い、はっきりした情報があまり出されていません。しかし米国のPDR(米国医薬品集)では錠剤10%、カプセル20%、舌下(液体)50%、静脈注射100%となっています。サプリメントは錠剤が多いため、ほとんどは10%の吸収率ということになりますが、やはりサプリの内容の違いによっても違うということのようです。

 

例えば合成ビタミンより天然成分サプリの方が高吸収率ということもあるのです。そこで見えてくるのはサプリの摂取より食品から摂取の方が、高吸収率だということではないでしょうか。しかし食品摂取でも、もちろん吸収率は違ってきます。

 

例えば海苔や胡麻のように素晴しい栄養素がたっぷり含まれている食品でも、消化されにくいためたくさん食べても吸収率が悪くなるものもあります。またビタミンなどは相性の良いものと摂取すると吸収率が上がるものもあり、またその反対もあるので吸収率をいちがいには決めることはできないのです。

 

錠剤サプリはたった10%の吸収率と報告されていますが、実際にとてもはっきりした効果が出ている事例もたくさんあります。例えばある老人ホームで、老人の食欲があまりないことから食事を減らしてサプリメントをプラスしたところ、以前より健康状態が良くなったという事例もあります。あくまでも食品から摂れるものは摂り、その上でサプリは強い味方ということになりそうです。

 

サプリメントの吸収時間について

医薬用栄養剤の一般数値では胃を通る時間が15分〜30分かかるとのこと。そして吸収されだすのが、そこからまた15分〜4時間程度種類によって違うとのこと。つまり吸収時間はトータル最短で約30分、最長で約4時間半程度かかるということになります。

 

しかしいろいろな内臓や細胞に運ばれるのは、またもう少しかかるとのこと。肝臓で一時溜まっているものもあります。また血中に入り太い血管に近い内臓から先に配られてしまい、遠い内臓はその後に配られることになるとのこと。特に栄養失調になっている場合は、肝臓や太い血管に近い内臓中心に吸収されてしまうので、全身に栄養が回るためには1〜2週間かかるということもあるようです。

サプリ売れ筋比較