更年期めまい

更年期に入ると、めまいが時々感じられるという人も結構多いようです。他にも更年期障害と言われている症状のデパートのような人もいれば、まったく感じないで過ぎてしまったという人もいます。特にめまいを感じる人は多く、更年期のめまいについて考えてみましょう。

 

更年期のめまい

 

めまいの症状と種類

更年期の代表的な症状の1つであるめまいですが、症状もそれぞれ違いがあり1日中ずうっと軽いめまいがあったり、単発的に出る人もいます。また、めまいと一緒に吐き気がある人もいて、まるでつわりのようだと言う人もいるほどです。

 

また、めまいと言っても天井が回って見えるような回転性めまいと、体が浮いているような感じになる浮動性めまいと、たちくらみがあります。回転性めまいは吐き気が起こりやすく、特に頭を動かすことが辛い激しい症状が多いようです。

 

また浮動性めまいの場合は、立っていて突然足が地に着いていない感覚になったり、フワフワした感じがすることも。また後頭部の痛みが起こることもありますが、特に更年期障害のめまいはこの浮動性めまいが多いと言われています。立ちくらみは立ったときにクラッとくる症状です。一瞬目の前が真っ暗になることも。

 

更年期ではないことも

更年期だから仕方ないと我慢していると、意外と更年期とは関係のない病気だったりすることもあります。更年期はホルモンバランズが急激に減ることで体が悲鳴を上げてしまうものですが、それと同時に年齢的にもいろいろな疾患が出てくる年齢でもあります。

 

更年期と思っていても、意外と本当に病気だったりすることもあるのです。例えばめまいという症状を持つ疾患には三半規管の異常が原因の脳障害がある場合もあります。また良性発作性頭位めまい症、メニエール病脳腫瘍などの疾患も考えられるため1度病院で診てもらうことも大切なのです。

 

更年期のめまいの治療

更年期でめまいが起こったときの治療は、医師との相談によって決めていきます。生活上、とても辛かったり危険があるという場合はホルモン補充治療を行ったり、自律神経調整薬などを使うこともあります。危険もなく、あまり辛いものでなければ漢方薬などで状態を見ていくこともあるようです。

 

ホルモン補充療法の場合はエストロゲンだけが足らないのか、プロゲステロンが足らないのか、両方足らないのかを調べてからそれぞれを補充していきます。自律神経調整薬は自律神経のバランスを整え、耳なりや頭痛などのときに使用するもので、副作用はあまり強くないと言われています。

 

更年期のめまいにサプリ

特にめまいに有効なサプリというと、プラセンタとビタミンB群がおすすめです。プラセンタはホルモンのバランスを整える効果が期待できるもので、めまいにも有効と言われています。またビタミンB群は貧血などのめまいや精神的不安定、いらつきなどにも効果が期待できます。造血のためには鉄分も大切ですが、ビタミンB群も重要です。また精神不安定の場合、ビタミンB群を補充することで安定するとも言われています。

更年期障害サプリ比較ページへ