更年期漢方

更年期障害と言っても辛い人もたくさんいますが、やっぱりホルモン治療はできるだけやりたくない。そんなふうに思っている人も多いはず。そこで漢方薬で改善したいと考える人も意外と多くいるものです。そこで更年期障害と漢方について考えてみましょう。

 

更年期障害と漢方薬

 

更年期に対する漢方の考え方

西洋医学つまり病院での更年期障害の改善には、ひどい場合はホルモン補充治療を行うことがほとんどです。西洋医学は悪いところを取ったり、足りないものを人工のもので補充したり、痛みや炎症を抑え込む薬を使って治療を行います。しかし漢方は痛みや炎症を薬で極端に抑えず、ゆっくり生薬で抑えながら、その原因となる体質の改善を重要とます。

 

まず漢方では「気」・「血」・「水」のどこに問題があるのか探ることから始りますが、特に更年期障害は「気」や「血」に問題があることが多いようです。例えば血流が悪く、滞る症状を「お血」、めまい、不眠、貧血など血液の不足を「血虚」、ホットフラッシュや動悸、高血圧などは気の流れのトラブルによる「気逆」というふうに考えられています。

 

例えば体力は「虚」、抵抗力は「実」と表わし、そして体力があり抵抗力がある人を「実証」と言い、反対に体力も抵抗力も落ちてしまっている人を「虚証」というふうに分けています。またその中間のタイプを「中間証」というふうに分けています。そして、その人の体質や体調によって同じ更年期障害であっても生薬の種類やブレンドはまったく違ってくることもあるのです。

 

漢方では病名によって薬を決めるというより、体質や今の体調などによって治療を決めていきます。そして漢方薬はさまざまな生薬をブレンドし、幾つもの症状に効果があり、副作用が特に強いもの以外はほとんど心配いらないというメリットもあります。

 

特に副作用の強いものは一般的には手に入らないので、国内のものはそれほど心配はありませんが、海外のものは危険なものもあるので注意しましょう。次は更年期障害のタイプ別による、おすすめの漢方薬をご紹介しましょう。

 

実証タイプ

実証タイプは体格も良く丈夫なタイプで、更年期の症状の中でも便秘しがちで冷え性というのが特徴です。フラッシュバックやのぼせ、生理不順や腰痛、肩こりなどがある場合、「血」を改善する効果のある女性特有疾患に使われる「桃核承気湯」(とうかくじょうきとう)がおすすめです。また不眠やイライラ、ストレスが強いタイプにおすすめの「柴胡加竜骨牡蛎湯」(さいこかりゅうこつぼれいとう)は、更年期のイライラに高い効果が期待できます。

 

中間証タイプ

全体的にバランスの取れたタイプで、のぼせ、頭痛、肩こり、精神的症状などがある場合は更年期障害の処方にも一番多く使われている「加味逍遥散」がおすすめです。他に肩こり、めまい、冷え性なのにのぼせる、フラッシュバックがある場合は、「お血」を改善するための「桂枝茯苓丸」(けいしぶくりょうがん)もおすすめです。

 

虚証タイプ

痩せた体型で活力の弱いタイプで、疲れやすく冷え性、めまい、肩こり、貧血などを感じる場合は「お血」改善効果の高い「当帰芍薬散」 (とうきしゃくやくさん)がおすすめです。また不眠やイライラなどの精神的に辛さがある場合で、特に胃腸の弱い虚弱体質タイプには「抑肝散加陳皮半夏」がおすすめです。

 

漢方医に処方してもらう

このようにご紹介した漢方薬は、もともといろいろ生薬をタイプ別にブレンドしてある漢方薬です。ある程度自分がどのタイプか調べ試してみるといいでしょう。しかし漢方専門薬局の漢方医に自分だけの自分にあった漢方薬をブレンドしてもらうこともいいかも知れません。

 

そして漢方薬だけでの改善と決めずに、病院での治療にプラスして体質改善をしていくという利用方法も一つの使い方ではないでしょうか。

更年期障害サプリ比較ページへ