更年期外来

更年期障害にはめまい、ほてり、頭痛、関節痛などさまざまな症状があり、ひどい人はとても辛い症状に襲われることもあります。自分1人で悩まずに更年期だからと諦めず、更年期医外来を尋ねてみましょう。しかしどんなタイミングで更年期外来を利用すればいいのかなど、分からないこともいっぱいあるのでは? そこで更年期外来についてまとめてみたいと思います。

 

更年期外来

 

更年期外来はどこにある?

昔は社会全体の風潮として更年期は仕方のないものであり、我慢すれば治るというイメージで更年期障害が扱われていたこともありました。しかし今は更年期障害も放っておくものではなく、症状にあった治療をすべきだという、1つの疾患として扱われるようになりました。それと同時に更年期外来が総合病院や婦人科や産婦人科などに設置されるようになりました。

 

さまざまな症状があり、それぞれの科で診察を受けている人もいます。しかし更年期が原因なら更年期外来でまとめて相談でき、治療もできます。そして、その症状の中には更年期とはまったく違った原因のものもあり、それも検査で分かるのでまず更年期外来を尋ねてみましょう。

 

更年期外来での治療

更年期外来は更年期障害に関係している症状について相談を受けてくれます。そしてその症状に適切な治療を行ってくれます。適切な治療のためには検査などを行い、自分の症状やその原因もはっきり分かるので安心です。今まではなんでも更年期障害という一言でまとめられてしまっていたものも、その中でも、どのようなことが原因になっているか、その治療はどのようにするのかということもはっきりします。

 

エストロゲンの減少が原因かどうかは問診、超音波検査、血液検査などを行って判断します。そして更年期障害とは関係無いという場合は、他の科へ移行することを勧められます。そして更年期障害の可能性が高いものに限り治療を行っていきます。特に主流はホルモン補充療法ですが、注射や飲み薬だけでなく最近はパッチ剤を使用することも多いようです。

 

その場合もエストロゲンだけが減少しているのか、プロゲステロンだけが少ないのか、女性ホルモン全般的に減少しているのかなど検査してからホルモンの補充を行うのです。エストロゲンだけが減っているからと言って、それだけを増やすと子宮体癌などのリスクが高くなります。そんなときにはプロゲステロンも同時に増やすようにするなど、専門の知識のある医師が治療に当たってくれるはずです。

 

またホルモン補充療法だけでなく、漢方による体質改善なども行いながら治療を行なっていく場合もあります。特に症状がさまざま出ている場合は漢方薬も一緒に処方されることが多いと言われています。また精神疾患がみられるときには抗不安薬や安定剤、睡眠薬などが処方されることもあります。

 

更年期外来に行くタイミング

更年期障害かも知れないと思っても、たいしたことない症状であれば特に更年期外来を利用しなくても問題ありませんが、辛い症状が出ている女性もたくさんいます。「我慢していればいつかは良くなる」とか「更年期で病院には行きにくい」と思わないようにしましょう。一般の病気と同じように、辛ければすぐに更年期外来に行くことが大切です。

 

一般の病気より回りにも理解してもらえないのがこの更年期障害です。「更年期は当然女性なら来ることだ」「誰もが乗り超えているものだ」「病院に行くなど騒ぐのは我慢が足らないだけだ」という意識のある人が意外と多いため回りの理解が得られにくく、それがまたストレスになってしまうこともあります。更年期特有の体の変調が苦痛だと感じたら、すぐに更年期外来を利用することが大切です。

 

若年性更年期障害も更年期外来へ

最近多くなっている若年性更年期は、生理が数カ月来なくなったというときはその疑いがあります。原因はストレスなどさまざまですが、それをそのまま放っておくと体は閉経と見なしてしまい、その後妊娠することができなくなることにもなり、無排卵になってしまうこともあるのです。そんな女性も更年期外来で相談すると適切に検査をして、今後のための治療をしてもらえます。

 

男性更年期障害はどこで診察するの?

女性は婦人科や産婦人科にも更年期外来がありますが、男性はどこに相談していいか分からないという人も結構いるのではないでしょうか。男性更年期障害の専門治療を行っているのは、総合病院の男性更年期外来やメンズヘルスクリニックなどです。

 

しかし男性更年期障害はまだあまり専門という外来は多くないようです。また男性の場合は女性と違い、長期間の治療が必要になります。そのためあまり遠いところや不便なところの病院では続けにくいのではないでしょうか。できるだけ家や職場の近くに男性更年期障害専門のある病院を探してみましょう。

 

また男性更年期外来がない場合、どの科で受診すればいいのでしょう。男性更年期障害には精神や心理症状と身体症状と性機能症状の3つの症状に分れます。鬱状態やいらいら、不安、集中力散漫、記憶力低下、不眠などは心理症状であり心療内科や精神科になります。

 

また身体的な場合は、ほてり、のぼせ、動悸、めまい、関節痛、発汗、などの場合は内科で。そして性機能や頻尿、泌尿器系の症状は泌尿器科となります。男性の更年期も放っておくと生活習慣病や骨折などのリスクが高くなるので、気になったら恥ずかしがらずにすぐに診察を受けましょう。

更年期障害サプリ比較ページへ