産後のひざの痛み

妊娠前も妊娠中も特に膝の痛みなどなかったはずなのに、出産したら急に痛くなったという経験をお持ちの女性もいるのではないでしょうか。そして今現実にそんな状態になっている新米ママさんもいるはずです。なぜそんな膝の痛みが起こるのかなど、原因をきちんと知った上で対処していくことも大切ではないでしょうか。

 

産後のひざの痛み

 

産後の膝の痛みについて

産後の膝の痛みは突然やってくることが多いようですが、その原因はさまざまで膝に炎症が起こっていることは事実です。しかし妊娠中には炎症を抑えるホルモンが大量に分泌されています。これこそ生命誕生の神秘かも知れませんが、出産すると同時にそれらのホルモンは通常の量に戻ってしまうのです。そのため炎症を抑えるものがなくなり、炎症が起こるというマカニズムになります。

 

階段の上り下りのときに膝に痛みがあったり、違和感があったりすることも多くのママたちが経験しているのではないでしょうか。またしゃがんだり立ったりという動作も、とても辛く感じることもあります。赤ちゃんを育てていると、どうしてもこれらの動作が多くなり、突然起こった膝の痛みに不安を抱えているママたちもいるのでは? そこでここからは原因と改善法を探ってみましょう。

 

妊娠中の体重増加

妊娠中には急激に体重が増えます。それによって今まで膝に掛かっていた負荷よりグーンと大きな負荷がかかるようになります。それが原因で膝に炎症を起こしてしまうこともあるのです。しかし妊娠中は炎症を止めるホルモンで抑えられていたので炎症が起きませんでした。無理をせず体重を落としていけば痛みも治まってくるはずです。

 

筋力、関節の柔軟度の低下

妊娠中は運動量が減り体を動かすことも少なくなるため、膝だけでなく足腰の筋肉の柔軟度も低下し、膝関節の柔軟度も低下しています。筋肉と関節はどれも連動しているため、腰から太ももにかけての筋肉が硬くなってしまうだけでも膝関節や腱を酷使してしまうことになるのです。

 

そんな状態のまま、今度は出産と同時に家事や育児と動き回ることになり、膝もたまらず悲鳴を上げてしまうことも。膝に無理な負担をかけずに、普通の生活をしていることで筋力が戻り、膝の悲鳴もなくなるはずです。

 

妊娠中のカルシウム不足

妊娠中は赤ちゃんのために、しっかり栄養不足にならないよう心掛けていても、悪阻などでなかなか思ったように栄養が摂れないことも多々有ります。そして栄養は胎児優先に流れていくことから、栄養不足はまず母胎に悪影響を与えることになるのです。

 

胎児がしっかり成長するためにはカルシウムも欠かせません。もし母胎にカルシウム不足があった場合は、膝関節の軟骨が弱って痛みが生じることもあります。授乳のためにもしっかりカルシウムを摂取するようにしていきましょう。

 

出産による骨盤の歪み

出産のときに骨盤が開きますが、自然にまた閉じていくのが出産後2カ月から6カ月の間と言われています。もちろん個人差もありますが、この時期に閉じる人が多いようです。ただし、しっかり閉じないままになってしまうということもあるので、産後骨盤ガードルや骨盤体操などをしてきちんと閉じるようにしましょう。

 

どちらにしても出産して数カ月は骨盤が閉じていない状態です。これで普通の生活以上に育児で肉体労働をしていると膝にも影響があるのも当然かも知れません。毎日しっかり骨盤を閉じる体操などをすると膝の負担も少なくなってくるでしょう。コルセットを使用するのもいいのでは?

 

母乳によるカルシウム不足

妊娠中のカルシウム不足と同じことで、授乳をしている時期はやはり赤ちゃんに栄養を摂られがちです。特に膝とカルシウムは関係が深いので、カルシウム不足を改善すれば膝の痛みも改善されていきます。意識的にカルシウムの多いものを食べるなど、食生活を見直しも大切です。またサプリを利用するなら赤ちゃんにも安全な、天然由来の信頼できるサプリを選ぶようにしましょう。

 

改善方法について

どれも共通して言えることは、膝の痛みがひどいときには家族などに応援を頼んで、とにかく静かにしておくことです。それが後々、後遺症なども起こらず早く治ることにつながります。また痛みがそこまでひどくないときには、膝の曲げ伸ばしを意識的に少なくするようにしましょう。

 

横座り、足を組むなどは膝に負担がかかるので避けるようにします。また、できるだけ赤ちゃんのおむつ替えなども高いところで行って、しゃがまずに済む工夫をするのも大切です。また痛みがあるときには家族にも理解を求め、家事も頑張り過ぎないことが大切ではないでしょうか。

ひざの痛みサプリメント比較