マラソン膝の痛み

さまざまなスポーツによって半月板損傷や靱帯損傷など、いろいろな膝の痛みに襲われることがあります。最近は健康のためにも毎日のようにマラソンを行っている人も多く、アマチュアの人でも「○○マラソン」などに参加する人も増えているのではないでしょうか。そこで特にマラソンをすることで起こりやすいランナー膝、つまりランナーズニーや腸脛靱帯炎とも言われている障害についてご紹介したいと思います。

 

マラソン ひざの痛み

 

腸脛靱帯炎とは

腸脛靱帯炎とは特に長距離を走るランナーに発生しやすい膝の障害と言われています。ほとんどオーバーユーズの結果起こってしまうものです。しかし最近はマラソンブームの影響もあり、アマチュアランナーの間でも腸脛靱帯炎を発症する人が多くなっています。

 

ちなみに腸脛靱帯炎は骨盤横の大腿筋膜張筋から、脛骨外側顆へ伸びている長い組織です。つまりザックリ言うと骨盤の外側のでっぱりから、脛の骨にかけて伸びている靱帯ということになります。

 

プロの場合と違いアマチュアは、体が鍛えられていない上にオーバーユーズをしてしまうことや、間違ったフォームのため負担が思わぬところに掛かってしまうこともあるようです。しっかりとした体づくり、きちんとしたウオーミングアップ、そして正しいランニングフォームで行わない限り、アマチュアランナーにも腸脛靱帯炎が増えていくのではないでしょうか。

 

腸脛靱帯炎の症状

腸脛靱帯炎の痛みとしては、膝の外側の大腿骨の出っ張り部分に強く感じます。特に階段や坂を下りるときに痛みが強くなりますが、これは体重負荷が大きくなるためなのです。

 

腸脛靱帯炎は長距離マラソンなどを行う男性に多く発症すると言われており、走っているときにも痛みが出たり、走った後に出たりといろいろです。その場合は膝の外側に強い痛みが発生し、押えても痛いのが特徴です。

 

腸脛靱帯炎の初期には安静が何より大切で、それによってほとんど痛みは治まりますが、この時期に無理をしてしまうと慢性的になってしまいます。そして放っておくとますます悪化し、痛みが強くなったり膝の曲げ伸ばしができなくなり、日常生活さえも困難になることもあるのです。

 

腸脛靱帯炎の原因

膝の曲げ伸ばしをすると腸脛靱帯は大腿骨外顆の前後を往復します。それが長時間マラソンやジョギングによって繰り返されると、腸脛靱帯と骨のでっぱりとの間で摩擦が起こり、それによって炎症が発症すると言われているのです。

 

また長時間のマラソンやトレーニングで、アスファルトなどの硬い地面を走ることでも、腸脛靱帯が衝撃を受けて炎症を起こすと言われています。他にも陸上トラックでのマラソンの場合は同じ方向のカーブが連続するため、動きも同じ繰り返しになって片方だけに負荷がかかってしまうことになります。それによって骨盤のバランスを保とうとする腸脛靱帯を、酷使することになり炎症とが起こるのです。

 

もちろん間違ったマラソンフォームのアマチュアランナーもたくさんおり、体重移動などでも下半身に負荷をかけ続けてしまい、腸脛靱帯を痛めてしまうということもあります。他にもO脚や回外足などの骨格の問題によって、腸脛靱帯に負荷がかかりやすいということもあるようです。また成長期に激しい運動をしていた人などは、筋膜の緊張が強くなっています。大腿筋膜張筋などが緊張すると、腸脛靱帯に無理が掛かるため炎症を起こすこともあるのです。

 

腸脛靱帯炎の治療法

病院でもこれをしたら治るという治療法はなく、安静と保存的治療がほとんどです。症状を感じたらすぐに安静にすることで早く改善すると言われています。そのため安静とアイシング、サポーターでの保護などが重要とされますが、痛みが強く安静にしても痛みが取れないときには、消炎鎮痛薬の投与や湿布を使用します。

 

また病院などでは温熱療法や電気療法、超音波療法などが行われるところもあります。また骨格や筋肉、靱帯はその部分だけの問題ではなく、すべてのバランスが関係しており、すべてが連動しているとも言えるものです。

 

そのために鍼灸やマッサージなどでは総合的な施術をすることで、腸脛靱帯とつながっている筋肉の緊張をほぐすものでスポーツ選手なども行う治療法の1つです。

 

腸脛靱帯炎の予防

マラソンをするときのフォームを正しくすることや、長時間のオーバートレーニングは避けることが第一です。その上でマラソンやトレーニング前に行なうウオーミングアップのストレッチやクールダウンも重要になります。

 

筋肉、腱、靱帯などの柔軟清を保つことが腸脛靱帯炎をはじめとする、さまざまな事故の予防にもなります。特に大腿筋膜張筋や中臀筋、大臀筋などのストレッチを意識的に行ってからスタートするようにしましょう。

ひざの痛みサプリメント比較